IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

「All in one SEO pack」でTwitterカードを簡単に設定する方法

      2016/08/24  あとで読む   はてブする

WordPress

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「All in one SEO pack」はとても便利で、Twitterカードの設定にも対応しています。

以前もFaceBookのOGP設定について書きました▼

最近はスマホでTwitterを見た時に、URLのリンク先が自動的に画像で表示されるようになりました。その関係で以前よりもTwitterカードの設定が重要になっています。

今回は「All in one SEO pack」でTwitterカードを簡単に設定する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Twitterカードを設定している時としていない時の違い

Twitterカードを設定している時と設定していない時の違いは以下のように表示されます。

概要+写真(小)/ Summary

Twitterカードの設定・Summary

「Summary」という設定をしていると、上の画像のように左に写真と概要が横に並んで表示されます。画像が小さいのが特徴です。

 

概要+写真(大)/ Summary Large Image

TWITTERカード設定・Summary Large Image

「Summary Large Image」という設定をすると、写真が上に、その下に概要が表示されます。この写真が大きく表示されるので、僕はこの設定に最近変更しました。

クリックするかしないかの違いは、写真で判断されるところがありますからね。

その他「Photo」というのがあります。これは概要がない特大写真だけになります。

 

Twitterカード未設定か設定が途中までの場合

Twitterカード未設定の時のtwitterの画面

Twitterカードを設定していないと、全く表示されないか、途中までしか設定されていない場合は、上のように写真が表示されません。

僕も以前、Twitterカードの設定を途中で挫折したことがあり、このように画像無しでしばらく表示されていました。

これだと、クリックして記事を読んでもらえる確率が減るので、ぜひ設定しておきましょう。

 

スポンサーリンク

WPプラグイン「All in one SEO Pack」でTwitterカードを設定する手順

WordPressプラグイン「All in one SEO Pack」

まずはWordPressのプラグイン「All in one SEO Pack」をインストールしましょう。

左から[プラグイン]→[新規追加]→「All in one SEO Pack」を検索し、インストールしましょう。似たようなプラグインがあるので注意。

 

WPプラグイン「All in one SEO Pack」でTwitterカードを設定する手順

更新と投稿の間に「All in One SEO」と表示されています。それをクリック。

 

WPプラグイン「All in one SEO Pack」でTwitterカードを設定する手順

「All in One SEO」の詳細が出てくるので、その中から「Feature Manager」をクリックします。

その中にある「Social Meta」を「Activate」にします。(「Deactivate」になったらOK。)

 

WPプラグイン「All in one SEO Pack」でTwitterカードを設定する手順

次に「Social Meta」をクリックします。

 

WPプラグイン「All in one SEO Pack」でTwitterカードを設定する手順

一番下に「Twitter Settings」というのがあるのでそれを設定します。

まず、「Default Twitter Card」を上で紹介した「Summary Large Image」を選択します。

写真が大きい方が目立つので「Summary Large Image」がおすすめです。(もちろんお好みで設定してください。)

 

WPプラグイン「All in one SEO Pack」でTwitterカードを設定する手順

  • Twitter Site:Twitterのユーザー名を入力。僕の場合は「@itbenricho」と入力しました(任意)
  • Show Twitter Author:チェックを入れると、Twitterのユーザー名で識別
  • Twitter Domain:TwitterのURL「http://twitter.com/〇〇〇」の○○○、僕の場合は「itbenricho」と入力(任意)

Twitter SiteとTwitter Domainは任意です。入力しなくても特に問題ありません。

 

Twitterカードの確認・申請

「Twitterカードの申請ページ(Card validator)」

最後に「Twitterカードの申請ページ(Card validator)」に行き、Twitterアカウントでログインします。Usernameは@以下の文字。僕の場合は”itbenricho”。

サイトのURLを入力し、「Preview card」をクリックします。

 

TWITTERカードが設定できているのか確認する画面

「Card Preview」に大きな画像の下に概要が書かれていて、その下の「LOG」に以下のように表示されていればOKです。

  • info: twitter card=summary large image tag found
  • info: card loaded successfully

「Successfully」となっているので、これで設定は終了。写真(画像)は時間が経てば表示されるようになります。表示されるまで結構時間がかかりました。

 

未登録の場合

未登録の場合は「Request approval」ボタンが表示されるのでクリックし、「Administrative contact」に入力しましょう。

  • Name: 名前(twitterハンドルネーム)
  • Email:サイト用のEメール
  • Twitter Username:@以降のID(僕の場合はitbenricho)
  • Website Twitter Username:@以降のID(僕の場合はitbenricho)

以上を入力し「Recuest Approval」をクリックしましょう。もう一度、「Twitterカードの申請ページ(Card validator)」で設定できているか確認してみてください。

参考:Twitterカード

 

最後に

WordPressのプラグイン「All in one SEO pack」でTwitterカードを簡単に設定する方法をご紹介しました。

Twitterカードは自分で登録すると難しくて途中で断念することが多いので、「All in one SEO pack」で設定すると簡単です。

画像が大きく表示される方がより注目されやすいので、ぜひ設定しておきましょう。最近はスマホで見る方が多いので必須です。

スポンサーリンク

 - WordPress

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でIT便利帳を

  関連記事

WorePress
[WordPress]記事中のmoreタグにAdsenseを追加できるプラグインAdMore

当ブログはWordPressで作成しています。Google Adsenseを表示 …

有料アドオンVA Social Buzz + SWで好きな場所にバイラルメディア風SNSボタンを表示

バイアルメディア風のSNSボタン(Facebookいいね)を簡単に設置できるWo …

Wordpressプラグイン
WorPressプラグイン「Broken Link Checker」の使い方

WordPressプラグインに「Broken Link Checker」というの …

WorePress
WordPressのビジュアルリッチエディタが表示されず入力や編集ができないときにする方法

cある日、WordPressを立ち上げいざ編集をしようとしたら、入力が全くできま …

WorePress
WordPressプラグイン「AddQuicktag」で良く使うタグを簡単挿入しよう

WordPressの投稿画面で「B」を押すと、<b>タグでは無く&l …

WorePress
[WordPress]過去記事を最上位に固定表示する方法

過去にアップした記事をもう一度注目させたい時に、過去記事を一番上に固定する方法が …

Google XML Sitemaps 4の調子が悪いので3にダウングレードしました

Google XML Sitemaps 4以上(現在4.0.4)は、サイトマップ …

WPプラグイン「VA Social Buzz」を表示した様子
バイラルメディア風のSNSボタンはWPプラグイン「VA Social Buzz」で簡単設定

バイラルメディア風のSNSボタンというのがあります。上の写真がそれで、個別記事の …

HTMLの使い方。とを両方使った例
ホームページHTML<p>と<br>の違いは応用例から理解しよう

僕がホームページを作り始めたのが1998年、丁度「Windows 98 2nd …

WordPress
[WordPress]fluctやnendの広告が表示されない時は、JavaScriptプラグインをチェック!

別サイトで何ヶ月も前にスマホ広告のnend(ネンド)の申込をしました。すぐに許可 …