IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

WorPressプラグイン「Broken Link Checker」の使い方

      2016/08/24  あとで読む   はてブする

WorePress

WordPressプラグインに「Broken Link Checker」というのがあります。このプラグインについて、僕は以前から知っていました。

しかし、自分のサイトにはリンク切れが無いと勝手に思い込んでいる所があったので、このプラグインを入れたことが無かったのです。

先日、自分のサイトの評価が突然下がり、アクセス数が激減。激減してからでは遅いのですが、今更「Broken Link Checker」を入れてみると…。なんとリンク切れが59個も発見されるという事態が発生。もっと早く入れていたら良かったです。

「Broken Link Checker」はプラグインを常に入れ続けていることをおすすめします。その理由もあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

プラグイン「Broken Link Checker」の使い方

WordPressプラグイン「Broken Link Checker」wordpressの[プラグイン]→[新規追加]をクリック。プラグインの検索に「Broken Link Checker」と入力して検索を押します。

「Broken Link Checker」が見つかったら、「いますぐインストール」をクリック。そして「プラグインを有効化」にしましょう。

次に詳細設定をみていきます。

設定変更

「Broken Link Checker」の設定[設定]→「Broken Link Checker」をクリック

 

「Broken Link Checker」の設定

  • ステータス:エラーの数
  • 各リンクのチェック:72時間ごとにチェックしてれる
  • メールで通知:リンク切れがあるとメールで連絡してくれる

全てデフォルトの通りでOKです。小まめにリンクチェックをしたければ、時間を変更しましょう。

リンク切れを発見してくれると、メールで知らせてくれるのは本当に助かります。また、リンクエラーの場合、そのリンクに打ち消し線が引かれています。修正すると元に戻ります(設定画面で変更可能)。

 

スポンサーリンク

リンク切れがメールで来たら、すぐにリンクを修正しよう

「Broken Link Checker」リンク切れを修正[ツール]→「リンクエラーをチェック」をクリックしましょう。リンクエラーが59もある!

 

「Broken Link Checker」リンクエラー一覧リンクエラーの一覧が出てきます。これを修正していきましょう。YOUTUBEの映像がなくなっていてもリンク切れを知らせてくれます。

リンクエラーは必ずしもリンク切れではありません。確認してエラーのものは修正。問題なければ「リンクエラーでない」をクリックしましょう。

 

 

「Broken Link Checker」リンク切れの修正では修正していきます。色々な方法がありますが、僕は実際の画面を出してチェックしています。

まず一番右のタイトルを別のタブでひらきます。次に一覧の右から2番目に出ている箇所(ここでは「南海バス運行系統図(PDF)」)を探し、リンクエラーの場合は修正しましょう。

修正した後、その記事を「更新」し、最後に一覧を再読込みをすると、今修正したものが一行消えます。これを一つ一つ減らしていきましょう。

 

最後に・まとめ

「Broken Link Checker」は有効化した直後はそれほど見つけてくれません。プラグインをいれて直後はリンクエラーは1つだけでした。

過去に1度目のチェックだけでプラグインを外したことがあります。「Broken Link Checker」は実は2回目のチェックからが本格的に探してくれています

やっぱりリンク切れってそんなにないんだと思っていたら、2日後には59個のリンクエラーを発見してきてくれました。重いプラグインのようなので入れてなかったんですよね。結果的にもっと早く使っていれば良かったですww

最近は3日に1回はリンク切れ1~2件をみつけてきてくれますよ。

Googleはリンク切れしているサイトの評価を下げるので、リンク切れは出来るだけ早く直したい所です。WordPressユーザーは必須プラグインですね。

【関連】WordPressプラグイン「AddQuicktag」で良く使うタグを簡単挿入しよう

【関連】[WordPress]moreタグにAdsenseを追加できるプラグインAdMoreが素晴らしい!

【関連】WorPressプラグイン「Broken Link Checker」の使い方

【関連】「All in one SEO pack」でTwitterカードを簡単に設定する方法

【関連】WPプラグイン「Akismet」の設定方法、APIキーの取得

【関連】[WordPress]functions.phpの編集時に、サイト画面を真っ白にしてしまった場合の直し方

スポンサーリンク

 - WordPress

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でIT便利帳を

  関連記事

WordPress
「All in one SEO pack」でTwitterカードを簡単に設定する方法

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「All in one SEO p …

蛍光ペン風にテキスト上をマーカーするCSS
蛍光ペン風にテキスト上をマーカーするCSSを設定してみた

色々なブログを拝見していると、とても気になるの強調サインがあります。それは蛍光ペ …

有料アドオンVA Social Buzz + SWで好きな場所にバイラルメディア風SNSボタンを表示

バイアルメディア風のSNSボタン(Facebookいいね)を簡単に設置できるWo …

Google XML Sitemaps 4の調子が悪いので3にダウングレードしました

Google XML Sitemaps 4以上(現在4.0.4)は、サイトマップ …

HTMLの使い方。とを両方使った例
ホームページHTML<p>と<br>の違いは応用例から理解しよう

僕がホームページを作り始めたのが1998年、丁度「Windows 98 2nd …

WorePress
WordPressのビジュアルリッチエディタが表示されず入力や編集ができないときにする方法

cある日、WordPressを立ち上げいざ編集をしようとしたら、入力が全くできま …

Wordpressプラグイン
FacebookのOGPの設定はAll in one SEO Packが簡単!

今までOGPの設定をするとき、WordPressプラグイン「Open Graph …

WPプラグイン「Limit Login Attempts Reloaded」インストール画面
Widget logic teamから通知!WPプラグインLimit Login Attempts Reloadedの設定

先日、僕のWordpressのログイン後の画面にメッセージがやってきました。上が …

WPプラグイン「VA Social Buzz」を表示した様子
バイラルメディア風のSNSボタンはWPプラグイン「VA Social Buzz」で簡単設定

バイラルメディア風のSNSボタンというのがあります。上の写真がそれで、個別記事の …

WorePress
[WordPress]過去記事を最上位に固定表示する方法

過去にアップした記事をもう一度注目させたい時に、過去記事を一番上に固定する方法が …