IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

既存のWordPressサイトにサーチコンソールのHTMLタグをヘッダー内に設定する方法

      あとで読む   はてブする

Googleサーチコンソール、サイト所有権の確認、HTMLタグ

ブログやWEBサイトや始める時や、WordPressでテーマを変更するときに、ヘッダー内にタグやコードを追加します。例えばGoogleアナリティクスのトラッキングコードやサーチコンソールのサイト所有権を確認するタグなど。

これを追加し忘れると、検索流入の統計やサイトのクロールなどが行われないので、忘れずに設定しましょう。

今回WordPressのテーマを変更する機会があり、あまりにも久々だったので、GoogleサーチコンソールのHTMLタグを<head></head>内に設定する方法を忘れてしまいました。

説明してくれているサイトが複数ありますが、最近は方法が変わっていてよくわからなかったので、最新版でまとめました。

複数のサイトを運営していると、テーマを変更するときに、他のサイトも同時に変更することがあります。その場合に備えて忘備録で残しておきます。

スポンサーリンク

Googleサーチコンソールのタグを<head></head>内に設定する方法(WordPressテーマ変更編)

既にサイトを運営していて、WordPressのテーマを変更する時に、新テーマの方にサーチコンソールのタグを設定する手順です。

新規だと簡単なのですが、既存のサイトの場合はどこにコードがあったのか忘れています。タグコードの場所を詳しくご紹介します。

まずはGoogle Search Console(サーチコンソール)をログインします。その中でタグを設定したいサイトをクリックしましょう。

Googleサーチコンソール、右上の歯車マーク

登録したいサイトのサーチコンソール画面に行くと、現在のステータスが表示されています。クロールエラー、検索アナリティクス、サイトマップが出ています。

その右上の歯車マークをクリックしましょう。その中に「ユーザーとプロパティ所有者」というのがあります。それをクリック。

 

googleサーチコンソール「ユーザーとプロパティ所有者」の管理

「ユーザーとプロパティ所有者」の画面が出ます。その右上に「プロパティ所有者の管理」と「新しいユーザーの追加」というのがあります。

今回は既に登録しているので「プロパティ所有者の管理」の方をクリックしましょう。

 

Googleサーチコンソール、別の方法で確認する

「現在、サイト(~.com)の所有者として確認済みです。確認は次の方法で行われました。」既に確認されているので必要ないかもしれませんが、念のために次の新テーマのヘッダー内にも登録しておきましょう。

ここの「別の方法で確認する。」をクリック。

 

Googleサーチコンソール、サイト所有権の確認、HTMLタグ

  • HTMLファイルをアップロード
  • HTMLタグ
  • ドメイン名プロバイダ
  • Googleタグマネージャ
  • Googleアナリティクス

色々な確認方法がありますが、一番簡単な方法は「HTMLタグ」をサイトのヘッダー内<head></head>内に設置することです。

過去に色々試しましたが、この方法が簡単なので、毎回この設定にするようにしました。

「HTMLタグ」にチェックを入れ、「確認」を押しましょう。

 

Googleアナリティクス、サイト所有権の確認、メタタグ

「以下のmetaタグをコピーして、サイトのホームページにある<head>セクション内の、最初の<body>セクションの前に貼りつけます。」と書かれています。

非常にわかりにくい説明で混乱しそうですが、要は<head></head>内に「meta name=”google-site-verification” content=”〇〇〇〇〇〇〇” />」のコードを貼りつけるだけです。

 

WordPressのヘッダー<head></head>の場所

WordPressは各パーツごとにバラバラになっています。ヘッダーはWordPress管理画面のダッシュボード[外観]→[テーマの編集]→右にある「テーマヘッダー(header.php)」をクリックしましょう。

それほどヘッダー内は表記されていないので<head>の場所はすぐわかると思います。

もし見つけ出せない方は、ctrl+fを同時に押し右上に検索画面が出るので「</head>」を入力して検索すると場所がわかります。

見つけ出せたら、</head>の直前に「meta name=”google-site-verification” content=”〇〇〇〇〇〇〇” />」のコードを貼りつけるだけでOKです。

 

スポンサーリンク

Affinger4やmicata2の場合

今回Affinger4にテーマを変更しました。Affinger4やmicata2だと自分で<head>内に設置する必要がないので便利です。子テーマだを使用していると、これらの設定はなかなか大変で助かっています。

Affinger4の場合はダッシュボード下にある「Affinger4」管理をクリックし(micata2の場合は「micata2」管理画面)、「Google連携に関する設定」をクリック。

その中の「現在のサーチコンソールHTMLタグ」に貼りつけるだけでOKです。

一つだけ注意点があります。「meta name=”google-site-verification” content=”〇〇〇〇〇〇〇” />」の「〇〇〇〇〇」のコードだけを貼りつけましょう。後は「save」を押せば完了です。

 

 

まとめ

今回WordPressのテーマを変更することがあり、完全にサーチコンソールの所有権確認HTMLタグがどこにあるのかがわからなかったので、忘備録も兼ねてまとめました。

実はこのHTMLタグを探しだすのに、30分以上費やしました。色々書かれているサイトはありますが、場所が変更されていてい、HTMLタグの場所がどこにあるのかがわからず、手こずりました。

途中からの設定方法は同じ。別の方法というHTMLタグで確認方法が簡単なので、このやり方がおすすめです。

スポンサーリンク

 - Google Search Console

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でIT便利帳を

  関連記事

Google「Search Console」ウェブページインデックス
[Googleサーチコンソール]インデックス登録URLの数が増えないけど問題無し

ブログを更新すると、いつもGoogleの「Seach Console」(旧ウェブ …

Google「Search Console」でリンクを否認したい場合の送信方法
Search Consoleで被リンクを調べる方法とリンクの否認をする方法

ブログやサイトのアクセス数が伸びない時は、色々なチェックをしています。その中に原 …