IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

ポケットWiFi「スマモバ」と「WiMAX2+」を比較、速度や値段、解約手数料など

      2017/06/15  あとで読む   はてブする

ポケットWiFi左がスマモバ本体、右がWiMAX2+本体

人気のポケットWiFiと言えば「スマモバ」と「WiMAX2+」です。月額料金、速度、エリアなどが異なりますが、それぞれに特徴があります。

両ポケットWiFiの特徴を知っていると、どちらを選べばよいのかが自ずとわかってきますよ。

ポケットWiFi「スマモバ」と「WiMAX2+」の特徴を比較してみたので、それぞれの特徴をまとめてみました。

スポンサーリンク

1.スマモバ

スマモバ「+F FS020W」の電源を入れたところ

月額3,980円は、本体を分割払いしている

スマモバはSIMと端末がセットになっているので、月額が一見高く感じるかもしれませんが、本体代金の支払いが終了した4年目からは安くなりま。キャリア(docomoやauなど)の携帯ショップなどと同じ仕組みですね。

そういう意味では、スマモバは長期的に利用される方にはお得になっています。3年辛抱すればその後はSIMの代金だけになり、逆に安くなります。

 

速度は速すぎるというわけではないが、安定感がある

速度に関しては、下で紹介するWiMAX2+の方が速いです。しかしスマモバは遅すぎるというわけではありません。速い時もあれば普通の時もあります。

スマモバはドコモ回線を使用しているので、地下鉄やビル、商業施設などの建物の中で安定しているのが特徴です。

スマモバは逆にWiMAX2+が使えなかったワイドエリアで安定した力を発揮してくれました。移動を良くされる方や利用する場所が圏外になりがちな方にはオススメです。

 

2年以内の解約は手数料がかかる

SIMカードは2年(24か月)契約なので、2年以内に解約すると「解約事務手数料」9,800円(税引)かかります

スマモバは2年に分割して払っているので、そういうことなのでしょうね。しかし、WiMAXの違約金の方がさらに割高です。

どこも同じような方式を取っていると思って下さい。違約金はスマモバの方がまだ安い方になります。

 

全国にスマモバの実店舗がある

全国にスマモバ実店舗が740店舗があり、そこに行けばアフターサービスを受けられます。

買ったけどよくわからないとか、設定があっているのか不安な方は、購入後にショップに行ってみてもらって下さい。アフターサービスが充実しているのは助かります。

 

初期費用・事務手数料が無料になるキャンペーンが多い

SIM登録・事務手数料3,000円はどのSIM会社でも支払うのが基本ですが、スマモバはキャンペーン期間が多いので、無料になることが多いです。

キャンペーン期間中に申し込みをするのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

2.WiMAX2+

WiMAX2+本体(ホワイト)

速度重視

WiMAX2+は速度を重視したい方に向いています。

370Mbpsとあるのはハイスピードプラスエリアモードを設定している時だけです。これは別途1,004円かかるのと、まだ都会の一部でしか使えません。

それを度外視しても、スマモバよりも速さがあるのが特徴でありメリットです。

 

色々加入すると割高に、月額も途中から割引率が減るの高くなる

ギガプランの詳細を見てみると、月額2,856円(税抜)でスタートできますが、4か月目からの割引率が下がるので、価格が3,541円になります(4~24か月目)、さらに3年目(25か月目)からは、さらに月額が上がり4,041円となります。

これは長期的に使うと割高になりますね。スマモバは先に本体料金を支払うので高いのですが、本体代金を支払い終わった時から安くなります。それと比較すると、ずっと使い続けるにはもったいない月額料金です。

さらに初期費用(18,857円)を無料にするために、別のオプションプランに入らないといけません

 

オプション料金

  • 安心サポートプラス:月額550円
  • My Broadサポート:月額907円
  • 合計:月額1,457円

初期費用というのは本体代金のこと。それを無料にするにはオプションに入る必要があります。結構割高に感じます。

 

契約2年以内は違約金がかかる

スマモバと同じく2年以内に解約すると違約金がかかります。

  • 申込~1年:19,000円
  • 1年~2年:14,000円
  • 2年(24か月)~26か月(2年2か月):無料
  • 26か月~9,500円

24か月から26か月間だけ無料で解約できます。まるでキャリア携帯のようですね。

違約金だけ見ると、スマモバの方が安いです。

 

即日発送、急いでいる方には便利

今すぐネット環境が必要という方には最適です。送料無料ですぐに届けてくれますよ。

また、家にいないから受け取れないという方には、店舗での受け取りも可能です。

WEBサイト:WiMAX2+

 

比較まとめ

ポケットWiFi左がスマモバ本体、右がWiMAX2+本体

速度はWiMAX2+の方が速いのは間違いありません。それに対し、スマモバはどこでも繋がるという安定感でしょうね。もちろん基本的には普通に使えますよ。この2つがそれぞれの特徴だと言えます。

月額は比較しづらですね。スマモバは3,980円ですが本体代金を含んでいます。それに対し、WiMAX2+は月額2,856円ですが、初期費用18,857円(おそらく本体代金?)が含まれていません。なので、なので月額となると同じような額になるのではと思います。

長期的に見ると、スマモバは3年で本体代金を支払い終わると、安くなるのでスマモバがお得ですね。

解約手数料を見ると、どちらも2年以内なら発生します。ただスマモバの方が安いです。WiMAX2+を解約するのであれば、24か月から26か月の間に解約しましょう。

後は3日で合計3GBを越えると通信制限がかかるのは、スマモバもWiMAX2+も同じ(スマモバは以前は無制限でしたが2016年10月ごろに変更されます)。3日で合計3GB、1日1GB使うというのはよほどの方だけです。1日中サイト更新をしている方ぐらいだと思います。

書き方の違いで一見安く見えたりしますが、このようにまとめると同じような、または逆にWiMAX2+が高いのかなと感じます。ただし、WiMAX2+には速度という武器があります。

以上、スマモバとWiMAX2+を比較してまとめてみました。それぞれの特徴を理解してお好みのポケットWiFiを選んでみて下さい。

スポンサーリンク

 - ポケットWiFi ,

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でIT便利帳を

  関連記事

スマモバ「+F FS020W」本体を手に持った様子
ポケットWi-Fi(モバイルルーター)「スマモバ」を開封、料金や初期設定など

お知らせ:新しい本体「+F FW30W」が発売されたので別記事で紹介しています。 …

スマモバ「+F FS030W」本体の起動が完了
スマモバを2ヶ月以上使ってみてわかったこと、評判・口コミ

外出時には欠かせなくなったポケットWiFi「スマモバ」について、これまでいくつか …

iPod touth 6thとポケットWiFiスマモバ
スマホが高い!料金を安くするにはiPod touch&ポケットWi-Fiスマモバがオススメ

スマホ(スマートフォン)の本体の料金や通信費が高くて悩んでいるという方は、結構多 …

スマモバ「+F FS030W」本体の起動が完了
ポケットWiFiスマモバに新機種「+F FW030W」登場!早速使ってみた

スマモバと言えば「+F Fs020W」が一般的でしたが、最近その後継機となる「+ …

スマモバ「+F FS030W」を手に持った様子
本当に遅いのか、スマモバのWiFi通信速度を計測してみた

現在ポケットWi-Fi「スマモバ」を使い続けています。月額3,980円で常時接続 …

モバイルルーター「スマモバ」と「Aterm04LN」
長時間、ポケモンGOをする方におすすめのポケットWiFi(モバイルルーター)2つ

Twitterのタイムラインを見ていると、ほとんどの方が「ポケモンGO」をされて …

スマモバ「+F FS020W」本体を手に持った様子
ポケットWiFi「スマモバ」のメリット4つとデメリット3つ

ポケットWi-Fi「スマモバ」を続けています。使い続けていると、良い点(メリット …