IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

Amazon

Amazon「Echo Dot」を購入!初期設定・セットアップを紹介

更新日:

Amazon「Echo Dot」第3世代本体

Amazonのスマートスピーカー「Echo Dot(エコードット)」が購入しました。

このEcho Dotは最初に「Amazon Alexa」アプリを経由してWi-Fiとの連携をする初期設定をする必要があります。

アプリの指示通りにすればセットアップは完了するはずですが、我が家はセットアップの途中に中断せざるを得なくなり、改めて仕切り直しをすると手順がわからなくなってしまいました。

試行錯誤してセットアップは完了!覚えているうちに初期設定の手順をまとめてみることにしました。

スポンサーリンク

Echo Dotとは?

Amazon「Echo Dot」パッケージ

我が家が購入したのはAmazon「Echo Dot(エコードット)」。

このスピーカーは「Alexa(アレクサ)」と呼びかけて、曲をかけてもらったり、ニュースや天気予報などを聞かせてくれたりできるスマートスピーカーです。

スマート家電に対応しているので、家の電気をつけてもらったり、テレビを付けてもらったりと、対応機種であればかゆいところに手が届くスグレモノ(Echo DotからのWi-Fi経由)。

我が家が購入したのは第3世代ですが、それ以前の第1世代・第2世代やそれ以降発売されるEcho Dotも同じセットアップになります(途中で購入した製品を選択する場面だけ異なる)。

以前からこのスマートスピーカーに興味があったので、安売りしているタイミングで買ってみることにしました。

デスクワーカーの方で、BGMとしてかけるのにピッタリ。子供が「Alexa〜して」と連呼するのが問題ですが…(苦笑)。

音楽を中心にかける方は「Amazon Music Unlimited」が便利で、毎日やめられなくなりました。

今回1ヶ月試しに加入することにしましたが、こんなに楽曲・新曲が揃っているとは思わなかったので、これは使えるなと思いました。

家族でかけられるので、なかなかいいですよ。ちなみに我が家は朝にカフェミュージックやボサノバを小さめのボリュームでかけています。

 

スポンサーリンク

Amazon「Echo Dot」初期設定・セットアップ

Amazon「Echo Dot」第3世代本体

ここからはAmazon「Echo Dot」の初期設定をしていきます。

冒頭にも書きましたが、指示通りにすれば簡単にセットアップは完了するのですが、途中でやり直しになったので、そういう方向けに書いてみます。

まずは電源コードを指し、コンセントにつけ、電源ボタンを押します。

 

アプリ「Amazon Alexa」をスマホにインストール

アプリ「Amazon Alexa」のアイコン

最初にスマホに「Amazon Alexa」のアプリを入れ、それの指示通りにセットアップする流れになります。

またセットアップ後も、何か脆弱性などの更新情報があれば、このアプリ経由での対応になるので、インストールしておく必要があります。

 

アプリ「Amazon Alexa」指示通りにセットアップ

ここからはアプリ「Amazon Alexa」の指示通りにセットアップしていきます。

「Amazon Alexa」を立ち上げて、Amazonのアカウントを入力してログインして下さい。

Amazon「Echo Dot」の初期設定「デバイスをセットアップしますか?」

まず最初に「デバイスをセットアップしますか?」と聞いてくるので「はい」をタップ。

 

Amazon「Echo Dot」の初期設定「グループを追加」

次に「グループの追加」。ここでわかりにくいのは左上に「Echo Alexa」が出ていることです。

一見それを押してしまいそうになるのですが、今回は「Echo Dot」のセットアップになるので、右上の「+」を押しましょう

ここだけチョットわかりにくかったです。それ以外は説明どおりにいけます。

 

Amazon「Echo Dot」の初期設定「グループを追加」どれを追加するのか選択

ここでスマート家電であればそれをタップしますが、今回はEcho Dotなので「Amazon Echo」のアイコンをタップ。

 

Amazon「Echo Dot」の初期設定「グループを追加」第何世代かを選ぶ

「Echo Dot」が第何世代かを選びましょう。ちなみに我が家は第3世代なので、第3世代を選びました。

 

Amazon「Echo Dot」の初期設定「オレンジ色のランプが付いているか?」

Echo Dot第3世代を選択すると、Echo Dotの本体がオレンジ色に光ります。

オレンジ色になっていたら「はい」を押して下さい。

先にEcho Dot本体の電源を入れておかないと、オレンジ色に光らないので、セットアップ前に電源を入れておいて下さい。

 

Amazon「Echo Dot」の初期設定「検出されたデバイス」

「はい」を押すと、「検出されたデバイス」の欄に本体の機種名が表示されます。

ちなみに僕の機種は「Echo Dot-7MG」というものです。表示されていれば次に進みます。

 

Amazon「Echo Dot」の初期設定「Wi-Fiネットワークを選択」

次に進むと「Wi-Fiネットワークを選択」の画面が出ます。

我が家の場合はすでにAmazonのFire TV Stickを使ったりしている関係で、AmazonとWi-Fiが既につながった状態になっています。

そういう方は「Amazonに保存済み」となっているWi-Fiとあっているかを確認して、次に進んで下さい。

もし初めての方はWi-Fiのパスワードを入力してEcho DotとWi-Fiがつながるようにしましょう。

 

Amazon「Echo Dot」の初期設定「Wi-Fiに接続中」

Echo DotをWi-Fiに接続中、少し待ちましょう。

 

Amazon「Echo Dot」の初期設定「Wi-Fiに接続が完了」

Echo DotとWi-Fiの接続が完了しました。そのまま「続行」をタップ。

 

Amazon「Echo Dot」の初期設定「何階にあるのか?」

「Echo Dotがどこにありますか?」と聞いてきます。1階〜3階、ガレージ、キッチンなどから一つ選んで下さい。

マンションなら1階かキッチンで良いのかなと思います。

 

Amazon「Echo Dot」の初期設定「ようこそ」メッセージ

「Echo Dotへようこそ」と使い方の動画が出てきます。

 

Amazon「Echo Dot」の初期設定「セットアップ完了」

動画を見るとセットアップ完了のメッセージができます。これで終了。「ホームに戻る」を押して下さい。

 

最後に

Amazon「Echo Dot」第3世代本体

Echo Dotセットアップが完了すると、後は本体に「Alexa〜して?」と話しかけて見て下さい。

一日色々と試してみると、できること・できないことがわかってくると思います。

子供が初日に10秒に1度「Alexa〜して?」というので、「これ買って失敗したかも」一瞬後悔しましたが、2日以降はマシになりました。

我が家には古い家電しかないので、スマート家電はありませんが、もし最近家電を買い換えた方はスマート家電対応になっている可能性が高いので、ぜひEcho Dotと連携するようにして下さい。

そうすると電源をつける手間が省けたり、テレビの電源を入れる手間が省けたりします。まぁ、そのためにはずっと電源とWi-Fiを入れっぱなしにしておく必要がありますが…

Echo Dotを活かすには最新音楽も聴ける「Amazon Music Unlimited」がおすすめです。久々に音楽生活に戻り、忘れかけていたものを取り戻せたなと感謝しています

もし興味がある方は30日間の無料トライアルがあるので、期間内に試してみて下さい。

 

 

関連Amazon Music Unlimitedを解約・退会する方法

-Amazon
-,

Copyright© IT便利帳 , 2019 All Rights Reserved.