IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

Mac

iMovie’11とiDVDとの連携で注意すること(1) -チャプターマーク(つづき)

更新日:

iMovie
前回に引き続きiMovieから映像ファイルの書き出しの時に必要なことを特集しています。

今回はチャプターマークに関する注意点です。

スポンサーリンク

iMovieのチャプターマークについて

チャプターメニューは、1ページに6つのチャプターが配置されます。それ以上になると次ページになっていまします。もしチャプターが8つあったとすれば、1ページ目に6つ、2ページ目に2つ配置されます。

iMovieチャプターメニュー

 

iMovieでチャプターを作る時に1ページに収めようと6つチャプターを作りました。しかし以下の図のようにチャプターをつけた場合、チャプターは7つできあがってしまいます。なぜだかわかりますか?

iMovieチャプター

 

 

一見、6つしかないように思いますが、チャプター1までの間が存在しているため、実際は以下の図のようになります。

iMovieチャプター

 

チャプター0-1までの間の映像が存在するため、チャプター0(開始)が、自動で出来上がってしまいます。このまま、チャプターメニューを作ると以下のようになるので注意が必要です。

iMovieチャプター0-5

iMovieチャプター6

 

スポンサーリンク

まとめ

Adobe Premiere ProとEncoreのようにチャプターメニュー1ページにチャプターマークを自在に配置または増減できれば問題ありません。

しかしiMovieとiDVDでは、チャプター数の変更ができません。値段が違うので仕方がありませんね。

 

もし書出し後にチャプターマークを再変更する場合は、もう一度iMovieでチャプターを付け直し、書き出す必要が出てきます。

 

今回の話は別に気にならなければ、そのまま変更しなくても何の問題もありません。

気になる方は必ず映像の先頭にチャプターマークをつけることをオススメします。

スポンサーリンク

関連記事と広告

-Mac
-, , ,

Copyright© IT便利帳 , 2018 All Rights Reserved.