Mac

iMac24インチ(2021年と2020年)をスペック比較

更新日:

iMac(2021)

2021年4月20日に、M1(Apple Silicon)を搭載した2021年版iMacを発表しました。

ここまでは予想通りでしたが、なんと2021年版は7色カラーで発売されます。

初期のiMacで見られたカラーですね。これは欲しい!

2021年iMacは、形や大きさ(サイズ)、色、スペックが大幅に変更されています

気になるiMac(2021年製)のは2020年とはどう異なるのかについてスペック・サイズなどから比較してみました。

 

スポンサーリンク

iMac24インチ(2021年と2020年)を比較

iMac(2021)

 

iMacRetina 4.5K, 24-inch, 2021 iMacRetina 5K, 27-inch, 2020
プロセッサ・CPU
  • Apple M1チップ 8コアGPU 16コアNeural Engine
  • Apple M1チップ 7コアGPU 16コアNeural Engine
  • 第10世代 Core i5 3.1GHz(最大4.5GHz)(6コア)
  • 第10世代 Core i5 3.3GHz(最大4.8GHz)(6コア)
  • 第10世代 Core i7 3.8GHz(最大5GHz)(8コア)
  • [オプション]第10世代 Core i9 3.6GHz(最大5GHz)(10コア)
メモリ 8GBユニファイドメモリ(オプション:16GBに変更可能) 8GB 2667MHz DDR4(16GB/32GB/64GB/128GB)
ストレージ SSD: 256GB, 512GB(オプション1TB、2TBに変更可能)
SSD: 256GB(オプション512GB、1TBに変更可能)
256GB SSD/512GB SSD(1/2TB SSD/1/2/4/8TB SSD)
ディスプレイ
  • 24インチ 4.5K Retinaディスプレイ
  • 27インチ 5K Retinaディスプレイ
  • 21インチ 4K Retinaディスプレイ
ディスプレイカラー
  • 8コアGPUモデル:ブルー・グリーン・ピンク・シルバー・イエロー・オレンジ・パープル(7色)
  • 7コアGPUモデル:ブルー・グリーン・ピンク・シルバー(4色)
  • 1色(シルバーのみ)
マウス
  • Apple Magic Mouse(マジックマウス)
  • Magic Trackpad
  • Apple Magic Mouse(マジックマウス)
  • Magic Trackpad
キーボード
  • Touch ID搭載 Magic Keyborad
  • Apple Keyboard(テンキー付き)
  • Apple Keyboard
  • Apple Keyboard(テンキー付き)
FaceTime HDカメラ 1080p(M1と連携) 1080p
メモリ増設 購入後はメモリ増設が不可 購入後でもメモリ増設は可能

表で比較すると以上のようになります。

iMac2021年製はCPU(チップ)、ディスプレイ、キーボードなど見た目と性能両面から大幅に変更されました。

プロセッサCPUは高性能Apple M1チップを採用

MacBook ProやMacBook Airなどで高性能であることが証明されたApple M1チップをiMac(2021)にも満を持して採用しています。

残念ながら新しいCPU、M1Xチップではありませんでしたが、それでも嬉しい変更です。

特にiMacの場合、動画編集をする方が多いと思いますが、このApple M1チップだと、編集後のレンダリングや書き出しなどの時間が大幅に短縮されます。

4Kなど高解像度の動画編集を行う場合、待たされる時間というのがこれまでは必ずあったのですが、このApple M1チップになってから信じられないほどの速さで処理してくれます

デスクトップ型のパソコンを探しているユーチューバーには、iMac(2021)は買い替え必須ですね。

と、M1チップのメリットばかり書いてきましたが、一つだけデメリットを紹介。

それはこれまで購入後のメモリ増設が可能だったiMacですが、iMac2021はM1チップとメモリが統合されているため、購入後のメモリ増設ができないというデメリットがあります。

メモリ増設をしたい方は、購入する注文時の「メモリ選択」で増設して下さい。

 

ストレージは引き続きSSDが標準に

iMac(2020)からFusion Drive(フュージョンドライブ)がなくなり、SSDが標準になりました。

割高感があるのですが、SSDはメモリを最大限に活かしてくれるので、この流れは当然。

上位モデルは256GB, 512GBから選べますが、ここは絶対にオプションで1TBまたは2TBに変更しましょう

個人的には2TBがおすすめですが、価格が30万円以上になるので、ここは予算との兼ね合いになります。

 

ディスプレイがさらに薄くなり24インチサイズ一択に!27インチ・21インチは終了

iMac(2021)側面

ディスプレイは2020年までは27インチと21インチから選べましたが、2021年製のiMacは24インチだけになっています。

正面からはアップルマークが消えた以外、見た目はさほど変わりませんが、横から見たらかなり更に薄くなっています。

 

ディスプレイカラーがシルバー1色から7色に変更!

iMac(2021)

いつかは来るだろうと思っていましたが、2021年製で7色カラーになり好きな色を選べるようになりました。

昔のiMacであったあのりんごマークに使われていたカラーです。

iMac(2021)は上位機種と下位機種があります。

8コアGPUモデルはブルー・グリーン・ピンク・シルバー・イエロー・オレンジ・パープルの7色から選べますが、7コアGPUモデルはブルー・グリーン・ピンク・シルバーの4色のみになっています。

初期iMacタンジェリンを持っていた僕としては、これは欲しい!ってワクワクしました。

5月30日現在、iMacの色の中でブルーが人気だということがわかりました。

 

6スピーカー搭載

iMac(2021)

これまでiMacにスピーカーはなく、ヘッドフォンやイヤフォンを使って音を聞いていましたが、iMac(2021)は6スピーカーが採用

低音域と中高音域をクリアにしたスピーカーです。これまでのMacの中でも最高のスピーカーだそうです。

 

マジックキーボードにTouch ID搭載

iMac(2021)Touch ID搭載が搭載マジックキーボード

Touch ID搭載が搭載されたマジックキーボードになります(画像の右上の○ボタンがTouch ID)。テンキー付きもオプションであります。

Touch IDとはいわゆる指紋認証で切り替えられるキーボードです。これで勝手に触られることがなくなりますね。

ウチも知らない間に子供に使われていて大変でした。職場でもTouch ID搭載はセキュリティの向上になります。

 

iPhoneやiPadなどiOSのアプリを起動できる

iPhoneのアプリをiMacで使えるなんてすごくないですか?その都度、iPhoneを触っていましたが、その必要がなくなることでiMacだけ完了できることが増えて大助かりです。

 

ディスプレイ背後の電源ケーブルが磁石で簡単に取り付けられるタイプに変更

僕はiMacの場所を移動させて使うことがありますが、この時に電源を挿すところが挿しづらさがありました。

これが磁石タイプになるので、簡単取り付けができるようになります。

 

スポンサーリンク

まとめ・感想

iMac(2021)側面と背面

2020年までのiMacはマイナーチェンジを繰り返して来ていましたが、2021年に大幅に変更されたメジャーアップデートとなりました。

27インチより小さくなったので、使いやすさが心配という方もいるかと思いますが、27インチを使っている僕からすると、24インチが丁度良いサイズだと思います。

27インチでも結局大きな画面を2つ横に並べられないので、幅が余っている状態になります。

どうしても編集画面を横並びしたい方はダブルモニターの方がおすすめです。

そういう意味では24インチは使いやすい大きさだと思うので、iMac(2021)は良い点が集まったパソコンだと感じました。

7色カラー、M1チップ、Touch ID搭マジックキーボードなど、このタイミングで買い替えができる方は本当に羨ましいです。

ストレージは必ず1TBまたは2TBに変更してくださいね。

GPUコア7個のものは価格154,800円(税込)から、GPUコアが8個のものは177,800円(税込)からとなっています。

 

もっと詳しく

IT便利帳のSNSをフォローする

-Mac
-

© 2021 IT便利帳