IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

Mac

iMovie’11とiDVDとの連携で注意すること(2) - 高画質DVDを作成する方法

更新日:

iMovie
iMovieで編集した後、その映像をDVD-VIDEOにする場合、「iDVD」を使うのが一般的です。それはiMovieとiDVDを連携させ使用することができるからです。

しかしiMovieとiDVDを連携させる方法を取ると、DVDの画質が著しく劣化します。僕も試してみましたが、この画質は厳しいですね。がっかり画質です。

どうやらiDVD側で自動エンコードしてしまうからです。画質設定があればいいのに。

DVD-VIDEOとは…
市販のDVDと同様に、どのDVDプレーヤーでも再生可能なDVD方式のことを言います。標準画質でしか保存できないので、できるだけ画質(ビットレート)を維持したエンコードが重要とされます。市販のDVDは画質をよく見せるために2層式(倍の容量入る)になっていることが多いです。
できるだけ高画質のままDVDを作成する方法を紹介します。

スポンサーリンク

できるだけ高画質のままDVDを作成する方法

一度ファイル形式で書出し、それをiDVDに読み込ませ、DVDを作成する方が、画質を維持しながらDVDにすることができます。

かなり時間がかかりますが、比較的高画質でDVDにすることができます。(DVDにしている時点で高画質とは言えませんが)ここではまずファイル形式で書き出す方法を紹介します。

 

※【重要】映像ファイルを書き出す前に、iMovie上で先にチャプターマークをつける必要があります。チャプターマークについては
「iMovie’11とiDVDとの連携で注意すること(1) -チャプターマーク」
「iMovie’11とiDVDとの連携で注意すること(1) -チャプターマーク(つづき)」を参照して下さい。

 

 

1. [共有]→[QuickTimeを使用して書き出す]を選択すると、「書き出したファイルを保存」が立ち上がります。
共有→QuickTimeを使用して書き出す

 

2. [名前]を変更し、[オプション]をクリックします。

3. [ムービーの設定]の[ビデオ]→[設定]ボタンをクリックすると[標準ビデオ圧縮設定]が立ち上がります。
export video files 02

 

4. [圧縮の種類]:H.264、[キーフレーム]:自動、[圧縮プログラム]:最高品質にし、OKボタンを押します。
export video files 03

5. [ムービーの設定]に戻るので、次に[サイズ]ボタンをクリックし、サイズ設定をします。
export video files 02

サイズ:HD 1920×1080 16:9を選択し、右下の[OK]ボタンを押すと、[ムービーの設定]に戻ります。
export video files 04

6. ムービー設定の右下[OK]ボタンを押すと、映像ファイルの作成が始まります。

 

 

まとめ

この方法を取ると、最高画質で映像ファイルを書き出すことができます。その後は、このファイルをiDVDに読み、DVDを作成する流れになります。
最高画質にした分、書き出しに時間がかかるので、気長に待ちましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告

-Mac
-, , ,

Copyright© IT便利帳 , 2018 All Rights Reserved.