IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

Mac

iMovie’11とiDVDとの連携で注意すること(1) -チャプターマーク-

更新日:

iMovieiMovie’11とiDVDの連携の中で、特に忘れてはいけないことはチャプターマークです。

チャプターマークを付けるには、iDVDからではなく、iMovie側で先にチャプターを付ける必要があります。チャプターマーク設定後、ファイルを書出し、それをiDVDに持っていく流れになります。

これらはAdobeを使っておられる方は、BD/DVD作成ソフト「Encore」でチャプターを付けるので混乱されると思います。僕もその一人です。

おそらくAppleの概念は、DVDのためのチャプターではなく、映像ファイルのためのチャプターなのでしょう。書き出した映像ファイルは、Mac上(QuickTime)で再生すると、次のチャプターに飛ばすことができます。

また、チャプターマークを付けて書き出した映像ファイルを、iPhoneやiPod Touchの「ビデオ」の中に転送すると、その映像はチャプター機能がついた状態で使えました。

(余談ですが、その映像ファイルをWindows上で同様に試した結果、同じファイルなのに、次のチャプターに飛ばすことができません。どうやらAppleにしかない機能のようです。)

では、チャプターマークの付け方です。

スポンサーリンク

チャプターマーカーの表示

プロジェクト画面の右上に矢印(下図参照)の[チャプターマーカー]ボタンが表示されていない時は、表示設定をする必要があります。

 

メニュー[iMovie]→[一般]→[高度なツールを表示]にチェックを入れましょう。

imovie環境設定

 

1.  右上のチャプターマークボタンを押しながら、クリップにドラッグすると、クリップの中に赤い縦線と矢印が表示されます。

チャプターマーカーをドラッグ

 

2.  ドラッグしたままクリップ上で動かし、設定したい箇所でクリックをはなすと、上側にチャプターアイコンが表示されます。

chapter002

 

3.  チャプターアイコンをダブルクリックし、チャプター名をつけます(ここでは「1」、「2」と付けた例)。後からチャプターアイコンをドラッグし、位置を再調整することもできますよ。

チャプターマークがついた状態

最後に

この後は、iDVDに連携していく流れになります。

もう一つ重要なことがありますが、それは少し長くなるので、また次回ということで。

【関連】iMovie’11とiDVDとの連携で注意すること(1) -チャプターマーク(つづき)

スポンサーリンク

関連記事と広告

-Mac
-,

Copyright© IT便利帳 , 2018 All Rights Reserved.