IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

iPod touch (iOS)

iPod touch第7世代発売!第6世代と比較した感想

更新日:

iPod touch第7世代(7th)6色

image:apple

2019年5月28日突如としてAppleが「iPod touch 第7戦(7th)」を発表しました。iPod touchっていつも突如発表、突如発売ですね(苦笑)。

僕はiPod touchユーザーなので特に愛着があるため、前回に引き続いて記事にしてみました。

因みにiPod touch第6世代(6th)については下の記事にまとめています。

関連iPod touch 第6世代を10日間使ってみた感想。良かった点・気になった点

関連iPod touch 第6世代を購入&開封レビュー!5thと比較してみたよ

このiPod touchはiPhoneと同じiOSを使用しているので、ほぼ同じ機能を安価で使用できるというものです。

iPhoneを持ちたくても持てないという方にはかなり魅力的なもので、今でも人気の機種となっています。

そこで今回はこれまで発売されていたiPod touch第6世代(6th)と今回発売されたiPod touch第7世代(7th)比較してみました。比較した感想もあわせて紹介します。

スポンサーリンク

iPod touch第7世代(7th)とh第6世代(6th)を比較

iPod touch第6世代(6th)は今から4年前に発売されました。あれから4年が経ち突如としてiPod touch第7世代(7th)が発売されたのです。

iPod touch第7世代(7th)iPod touch第6世代(6th)
カラーシルバー・ゴールド・スペースグレイ・ピンク・ブルー・レッド(限定カラー)シルバー・ゴールド・スペースグレイ・ピンク・ブルー・レッド(限定カラー)
チップA10チップA8チップ
ストレージ32GB、128GB、256GB16GB、32GB、64GB、128GB
最低価格21,800円(税抜)24,800円
重さ88g88g
液晶画面サイズ4インチ4インチ
カメラ800万画素800万画素

カラー、重さ、液晶画面サイズ、カメラはiPod touch第6世代(6th)と同じなので見た目は同じと考えてOKです。

iPod touch第7世代(7th)と第6世代(6th)を比較して大きく異なるのは、A10チップを使っているという点です。

最新のiPhoneの場合(iPhoneXS、SX MAX)はA12チップを使っているので、iPod touch第7世代(7th)のA10チップは一見古く感じるかもしれません。

しかしこのA10チップはiPhone7に使用されているチップと同じものなのです。実は僕は現在iPhone7を現役で使用していますが、普通にサクサク動いています。

動作が遅くなって困ったということは感じたことがないので、A10チップでも全く問題ありません。

そして第6世代(6th)から4年も経っているので、ストレージが256GBが追加され、16GBがなくなっています

4年前のiPod touch第6世代(6th)の最低価格は16GBで24,800円でしたが、今回発売されたiPod touch第7世代(7th)は32GBで21,800円と、スペックとストレージ(保存容量)は増えながら、逆に価格は安くなっているのがわかります。これはかなりお得ですよ。

 

iPod touch第7世代(7th)と第6世代(6th)の本体下部の比較写真

iPod touch第6世代(6th)と第7世代(7th)の本体下部を写真で比較。

左からヘッドフォンジャック、Lightningコネクタ、内臓スピーカーと全く変わっていないのがわかります。

もちろんAirPodsはありません。ヘッドフォンジャックに直差しです。ホームボタンもそのまま。

 

感想

iPod touch第7世代(7th)6色

iPod touch第7世代(7th)と第6世代(6th)を比較してみました。見た目は同じ、ホームボタンも現役(笑)。今回はマイナーアップデートと言えます。

未だにiPod touchを発売するのは、結構売れているのでしょうね。あと、第6世代(6th)のサポートを終了させたいのでしょう。

iPhoneやiPadを買うのは高すぎるというユーザーはいまだに多く、以前の僕もそうでした。もし今iPhoneを持っていなければおそらく今すぐ買っていることと思います。

それだけiOSがこの安価で買えるのは魅力だと思います。

 

iPod touchってどんな機種って聞かれると、「iPhoneの電話が使えないタイプで、ミニミニiPad」と答えます。

デメリットを挙げるとすれば電話がかけられないのと、ネット機能がついていないのと、そして電池の減りが早すぎるということです。

実際に実物を持ってみるとわかると思いますが、本当にサイズが小さくてそして薄い電池の減りが早いというよりは、100%になっても元々の電池の容量が少ないということです。

なのでiPod touch第7世代(7th)には必ずモバイルバッテリーをセットで持ち歩くようにしましょう。

 

そして最後に通信ですが、ネットに繋げるためのものが必要ですね。

因みにiPod touchとネットとの組み合わせには、「Aterm MR05LN」とUQ mobileのデータSIMを使っていました

関連Aterm MR05LNにUQモバイル「データ高速プラン」SIMを購入、申込手順~設定

関連格安SIMで失敗してきた僕が「UQモバイル」をおすすめする理由

IT便利帳のSNSをフォローする

-iPod touch (iOS)
-,

Copyright© IT便利帳 , 2019 All Rights Reserved.