IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

Mac

写真の一部にモザイクをかけるMacアプリ「ToyViewer」の使い方

投稿日:

Macアプリ「ToyViewer」モザイクボタンを押す(粗さ15)

ブログを書いていると写真の一部にモザイクをかける必要がでてきます。例えば写真に写り込んだ人など。

これまでは「Pixlr Online Photo Editor」を使ってモザイクを掛けていましたが、Flashの問題で使えなくなってきたので、簡単に使えるソフトはないか調べてきました。

色々と調べて使ってきた結果、少しコツが必要ですが、無料で使えるMacアプリ「ToyViewer(トイビューアー)」が便利であることがわかったので、今はこれを使っています。

写真の一部にモザイクをかけるMacアプリ「ToyViewer」の使い方、失敗した場合のやり直し方、モザイクの粗さの数値について紹介します。

 

スポンサーリンク

Macアプリ「ToyViewer」で写真の一部にモザイクをかける方法

Macアプリ「ToyViewer」アイコン

まずはApple Storeで「ToyViewer」をインストールしましょう。

インストールすると、画面下DOCのLaunchpadに「ToyViewer」があるのでそれを起動して下さい。

これからよく使われる方はDOC内にドラッグして移動させましょう。

 

Macアプリ「ToyViewer」メニュー画面

「ToyViewer」を立ち上げたら、上のメニューが「ToyViewer」になっていることを確認して「ファイル」→「開く」でモザイクを掛けたい写真を開いて下さい。

 

BMW

今回は一例としてBMWの車のナンバーにモザイクを掛けてみます。

Macアプリ「ToyViewer」特殊効果→ノイズ・モザイク

メニューが「ToyViewer」になっていることを確認して、「特殊効果」→「ノイズ・モザイク」をクリックして下さい。

 

Macアプリ「ToyViewer」の「ノイズ・モザイク」画面

すると別ウインドウで「ノイズ・モザイク」というツールパネル(Tool Panel)が開きました。

 

Macアプリ「ToyViewer」モザイクをかける場所を指定しボタンを押す

モザイクをかけたい場所を指定します。左上から右下にマウスをドラッグすると範囲が指定されます。

 

Macアプリ「ToyViewer」モザイクボタンを押す(粗さ15)

範囲を指定したら、「ノイズ・モザイク」のツールパネルにある粗さを好みに合わせて「モザイク」ボタンを押すと、指定した箇所だけモザイクがかかります。

BMWのナンバーの部分だけモザイクがかかりました。

 

Macアプリ「ToyViewer」名前を付けて保存

モザイクがけれたら「ファイル」→「保存」を押すと、上のような画面が出てきます。

ここでファイル名、保存場所、拡張子(jpg, jpeg)、品質などを指定し保存を押せば終了です。

 

スポンサーリンク

「ToyViewer」のコツ:モザイクをかけるのに失敗した場合のやり直し方

「ToyViewer」を使って写真の一部にモザイクをかけたもののやり直したい場合、わかりづらいかと思います。

Macアプリ「ToyViewer」モザイクボタンを押す(粗さ2)

例えば粗さの数値が「2」だとモザイクがほとんどかかりません。この場合はやり直しをする必要があります。

「ToyViewer」はモザイクボタンを押すと、写真の名前が「〜.jpg(モザイク)」となります[この写真の場合は「bmw-car.jpg(モザイク)]。

これはオリジナルの写真とは別に、「〜.jpg(モザイク)」という名前の写真が別ウインドウで開いているのです。

 

Macアプリ「ToyViewer」オリジナルの写真とモザイクを掛けた写真

「〜.jpg(モザイク)」の写真を少しずらすと、その真後ろにオリジナルの写真が出てきます(上の写真参照)。

  • オリジナル写真:〜.jpg
  • モザイクを掛けた写真:〜.jpg(モザイク)

間違えてやり直したい場合は、手前にある写真「〜.jpg(モザイク)」を赤ボタン(☓)を押せば消えます。

後は、オリジナル写真だけに戻るので、範囲を決め直し、最初からやり直して下さい。

 

モザイクの粗さの数値はどれぐらいが良い?

Macアプリ「ToyViewer」モザイクボタンを押す(粗さ2)

デフォルト設定では、粗さが「2」になっています。このまま「モザイク」ボタンを押してもモザイクはかかりますが、まだ数字が読めてしまいます。

どれぐらいの範囲を指定してあげると良いのでしょうか?

 

Macアプリ「ToyViewer」モザイクボタンを押す(粗さ15)

今度は粗さの数値を「15」にしてみました。すると完全に文字が読めなくなりましたが、範囲を少しオーバーしていますね。

これで良ければ範囲は「15」前後で良いと思います。

 

Macアプリ「ToyViewer」モザイクボタンを押す(粗さ6)

次に粗さの数値を「6」にしてみました。今度は数字もわからなくなり、ナンバープレートの範囲をそのまま維持しています。

どうやら数値は「6」〜「8」が良いことがわかりました私はいつも「6」に設定し、あとは写真によっては「7」にしたり微調整しています

この粗さの数値に関しては、写真の被写体によっても変わってくるので、その都度設定変更して見て下さい。

 

ノイズも掛けられる

Macアプリ「ToyViewer」ノイズをかける

モザイクと同じやり方で、ノイズもかけられます。

モザイクとノイズの違いってなんだろう?と思ったので、一度ノイズを掛けてみました。

上の写真がノイズを掛けた写真です(ナンバープレートの部分)。頻度の数値を上げるとよりノイズの細かさが変わります。

関連複数の写真を一つに結合するMacアプリ「tunacan(ツナカン)」の使い方

IT便利帳のSNSをフォローする

-Mac

Copyright© IT便利帳 , 2020 All Rights Reserved.