PR ディズニープラス 動画配信サービス

サンドランド アニメと映画の違い、どっちが面白い?

サンドランド アニメと映画の違い、どっちが面白い?

ディズニープラスで鳥山明の「サンドランド」が独占配信されています。

そこで気になることが一つ。

それは映画とアニメの違いについてです。

今回はアニメと映画の違いについてまとめました。どっちが面白いのかについても紹介します。

 

スポンサーリンク

サンドランド アニメと映画の違い

サンドランドのアニメをディズニープラスで視聴

鳥山明「サンドランド」の映画とアニメの違いをまとめました。

物語がアニメ向き。映画は盛り上がらない、アニメの方が次が気になって盛り上がる

サンドランドのアニメをディズニープラスで視聴(前半「悪魔の王子編」)

映画の上映時間は1時間46分。それと比較してアニメは全13話(前半6話分が映画と同内容)です。

映画「サンドランド」はアニメの前半である「悪魔の王子編」が描かれていますが面白さが足りません。淡々とストーリーが続いているんですよね。

映画の感想を見ると「面白くなかった」とか「つまらなかった」という人が多いです。

「サンドランド」は一気に見続けるよりは、25分あたりでクライマックスを繰り返す方が面白いから

原作は漫画「ジャンプ・コミックス」から来ています。アニメの方が「続きが気になるところでちょうど1話終わるので、盛り上がるんですよね」。

アニメ「サンドランド」の放送時間をまとめると、1話25分×合計6話で「悪魔の王子編」が完結します。

アニメ「悪魔の王子編」を合計すると150分。映画は146分なので、4分長くなっています。

ほぼ同じ時間なのですが、盛り上がるところで一度話を終わらせて、次に期待できるストーリー編成だからアニメ向き。映画に向いていないように思いました

 

アニメは映画に新規カットを加え、新たな物語「天使の勇者編」が追加されている

サンドランドのアニメをディズニープラスで視聴(後半「天使の勇者編」)

公式サイトが以下のように語っています。

「映画では描かれなかった新規カットに加え、原作者=鳥山明氏が考案した映画から続く新たなる物語が描かれています」

映画は「悪魔の王子編」だけですが、アニメは続きの「天使の勇者編」もあります。

アニメ13話は以下のようになっています。

  • 前半(1話〜6話):悪魔の王子編
  • 後半(7話〜13話):天使の勇者編(映画に描かれていない話

「悪魔の王子編」で描かれた個性的で愛すべきキャラクター、悪魔ベルゼブブ、ラオ、シーフ、アレ将軍、スイマーズたちが今後どう活躍するかが、後半の「天使の勇者編」で描かれています

後半までを見ると、スイマーズまでファンになりますからね(笑)。

アニメを見ると全キャラクターのグッズが欲しくなるぐらいに生き生きと描かれています。

後半の「天使の勇者編」は先日お亡くなりになった鳥山明氏が考案したストーリーなので、鳥山明ファンは必見です。

 

スポンサーリンク

サンドランド アニメと映画どっちが面白い?

サンドランドのアニメをディズニープラスで視聴

「サンドランド」アニメと映画どっちが面白いのか?の答えは「アニメの方が断然面白い」です。

  • サンドランドのストーリーが盛り上がりを繰り返すのでアニメ向き
  • アニメは映画の「悪魔の王子編」に加え、「天使の勇者編」も見られる

絵のタッチが細かいのが「サンドランド」の特徴。

鳥山明の衣装、乗り物(戦車、バイク、飛行機など)が細かく描かれていて、全てがカッコいい

アニメは何度も見直せるので、一度ストーリーを見た後に、再度キャラクターや乗り物の描き方の目線で見直しています。

アニメ「サンドランド」はどこで見られるのか?についてですが、テレビでは見られません。

動画配信サービス「ディズニープラス」が独占配信しています。

ディズニープラスは他にも面白い番組がどんどん追加されているので、この機会にぜひ見てくださいね。

※真田広之の「SHOGUN(将軍)も独占配信中。

年間まとめ払いの方が15%オフ2ヶ月分無料)になります。

月額料金プランはこちら↓

年間プランはこちら↓

 

IT便利帳のSNSをフォローする

-ディズニープラス, 動画配信サービス