IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

Google Search Console

新サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」を解決する方法

更新日:

新サーチコンソールのエラー「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」グラフ表示

新サーチコンソールが段階的にスタートした中、いきなり大量にエラーがでてきました。

エラーメッセージは「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」。実は「All in one SEO Pack」で意図的にnoindexにしている記事ばかりなので、エラーと出てるとと「えっ!チョット…」ってなりますよね。

最初のころはどうやればエラーが解除できるのかわからなかったのですが、最近やっと解決法がわかり全部まとめて解除できました。

新サーチコンソールに出る「インデックスカバレッジ」のエラーを解決する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

新サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というエラー

ある日、メールとサーチコンソールのメッセージに以下のエラーが出ていました。

サイト「https:○○」で「インデックス登録の対象範囲」の問題が新たに〇件検出されました。

「https:○○」の所有者様

Search Consoleにより、貴サイトに影響する「インデックス登録の対象範囲」関連の問題が新たに〇件検出されました。

「インデックス登録の対象範囲」はGoogle検索結果で悪影響を受ける可能性があります。この問題をご確認のうえ、修正することをご検討ください。

新たに検出された問題:送信されたURLにnoindexタグが追加されています

これはこれまでは全くないエラーで、新サーチコンソールになってから表示されるようになりました。

新サーチコンソールのエラー「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」グラフ表示

新サーチコンソールを見るとエラー数〇〇、そしてその下に棒グラフによるエラーが表示されています(上の画像参照)。

冒頭でも書きましたが、ほtんどがWordPressのプラグイン「All in one SEO Pack」で意図的にnoindexにした記事たち。

なので自分としてはエラーではないのですが、「Google検索結果で悪影響を受ける可能性があります」と言われると「ドキッ!」としますね。

できるだけ早く対処しようと色々調べてみましたが、よくわかりません。試しにその記事の中で全く必要のない記事を削除してみました。

サーチコンソール「サイト○○のインデックスと登録の対象範囲に関する問題について、一部修正されていません」というメッセージ

一部削除して、送信しても「サイト○○のインデックスと登録の対象範囲に関する問題について、一部修正されていません」というメッセージが続きます。

全てに対応できないので、これだと根本的な解決になっていません。気になりつつも暫くの間放置していました。

そんなある日ふと思い出し調べてみると解決法がありましたよ。どうやら自らnoindex記事には、表示されないように除外する必要があるようです。

 

スポンサーリンク

新サーチコンソール「インデックスカバレッジ」のエラーを解除する手順

インデックスカバレッジのエラーは色々あります。上で紹介した「自らが意図的にnoindexした場合」「sitemap.htmlエラーの場合」など。

それぞれのエラーを解除する手順を紹介します。

意図的にnoindexしている場合

WordPress[設定]→[XML-Sitemap]

自らnoindexした記事はその記事をエラーから除外する必要があります。色々な除外の仕方があるようですが、そのうちの一つを紹介します。

まずWordPressのメニューから[設定]→[SML-Sitemap]を選択します。

 

WordPress「XML-Sitemap」の「Excluded Items」

[SML-Sitemap]が表示されたら、下の「Excluded Items」までにスクロールします。

ここに「投稿(個別記事)を含めない」という個所があります。ここの「以下の投稿または固定ページを含めない:カンマ区切りのID一覧」の個所に各記事のIDを入力し「設定を更新」しましょう。

ここに入力すると、その記事に対してだけは除外されました。

このID(番号)の探し方は、メニュー「投稿一覧」からその記事のタイトルにマウスを載せると、一番下にIDが表示されます。それをメモって入力しましょう。

(noindexで記事を残すか、記事を削除するかを改めて考えてからにして下さい。僕は結構削除しました)

全ての設定が終われば、後はもう一度確認してもらう必要があります。

 

sitemap.htmlがエラー表示している場合

インデックスカバレッジに「sitemap.html」のエラーが表示されている場合は以下のように変更すると、エラーが解除できます。

WordPress→設定→XML Sitemap

WordPressの[設定]→「XML-Sitemapをクリック。

 

プラグイン「XML-SITEMAP」の基本的な設定

XML-Sitemapが表示されたらその中の「基本的な設定」の欄を見ます。

この中の下から2段目に「HTML形式でのサイトマップを含める」というのにチェックが入ってます。

このチェックを外し「保存」を押します。その理由はXML Sitemapからでしか判断しないからです。これでOKです。

 

修正事項を確認

そして[ダッシュボード]→[サイトマップ]。サイトマップが表示された右上の「サイトマップの追加/テスト」をクリック

URLの後ろに[sitemap.xml]と入れて、送信しましょう。先にテストをすると良いかも。

新サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」修正を検証

そして新サーチコンソールに戻り、ステータスエラー「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の「修正を検証」をクリックしましょう。

 

新サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」検証を開始

すぐに検証を開始しました。

 

新サーチコンソール「インデックスカバレッジ」の問題を検証してます、メッセージ

するとメールと新サーチコンソールに「インデックスカバレッジ」の問題を検証してますというメッセージが出ました。

あとはエラーが解除されるのを待つだけです。結果は意外と待たされるので気長に待つしかありません。

追記:4日後に解決

サーチコンソールのメッセージ「新しいい重大な問題はありません」

7日に「修正の検証」をしてから4日後の11日に上の表示「新しいメッセージまたは新しい重大な問題はありません」に切り替わりました。やっと解決しましたよ。

 

最後に

サーチコンソールからエラーメッセージが来るとビックリしますね。今回もそのような瞬間でした。

もし意図的にnoindexをしているのであれば、放置しておくと悪影響があるそうなので、上の方法で解除してみてください。

スポンサーリンク

関連記事と広告

-Google Search Console

Copyright© IT便利帳 , 2018 All Rights Reserved.