IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

Mac

ビデオカメラをiMovieに取り込むと、ファイルはどう変換されるのか

更新日:

video_camera

ビデオカメラは主にハイビジョン(HD)で撮影されます。拡張子はMTS、、又はm2ts。AVCHDと呼ばれています。

画質とサイズは以下の通り。

  • HD(AVCHD):24Mbps,1920×1080,16:9,拡張子:MTS(m2ts)

このハイビジョンの映像をiMovieにを取り込んだ場合、AVCHDが別ファイルに変換されます。

「どのようにファイル変換されているのか?」についてご紹介します。

スポンサーリンク

iMovieに映像を取り込むとファイルが変換される

video_camera

iMovieは映像を取り込むと同時に、 ファイル変換(コーデック変換)を行います。Macパソコンで映像を途中で停止させることなく、快適に再生できるようにするためです。

動画ファイルは重いですからね。途中で停止しないようにファイルの変換がされています。

AVCHD と言えば、一般的にHDの最高画質(インターレース)です。※最近はプログレッシブが主流です。

このインターレースのファイルをiMovieで取り込むと、以下のファイルに変換されました。

  • 拡張子:MTS(m2ts) ⇒ mov(QuickTime形式)
  • サイズ,比率:1920×1080,16:9 ⇒ 変更なし
  • コーデック(映像): AVCHD(MPEG-4 AVC/ H.264)⇒ Apple Intermediate Codec
  • コーデック(音声): ドルビーデジタル ⇒  Linear PCM(非圧縮)

拡張子movとは、Appleの「QuickTimeコーデック」です。コンテナ方式(入れ物のようなもの)になっており、 コンテナの中には映像がApple Intermediate Codec、音声がLinear PCMで入っています。

Apple Intermediate Codecとは、いわゆる中間コーデックです。低圧縮で6秒間の映像でも86MBもあり、1時間の映像では約40GBにもなります。HDD泣かせですね。

このコーデックに変換すると、ファイルサイズは大きくなりますが、Mac上では快適に映像を編集することができます

低圧縮だけにフリーズ等の心配もありません。サクサクですね。

 

まとめ

昔AVCHDが登場したてのころは、高圧縮のため、どのPCでもフリーズしてお手上げだったことがありました。

それ以前(HDV時代)からApple Intermediate Codecがあるので、高圧縮の動画ファイルの対応として登場したのでしょう。

しかし、今は変換する必要がないほどPCのスペックが上がっているので、そろそろネイティブ編集(ファイルを変換する必要がないので取り込み時間がかからない)ができるiMovieも出してほしいものです。

と言ったら4Kが登場して、また変換する必要が出てきました(苦笑)。ビデオカメラの画質とサイズは常に上がっていくので、ファイル変換(コーデック変換)はずっと行われるものなのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事と広告

-Mac
-, ,

Copyright© IT便利帳 , 2018 All Rights Reserved.