IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

Microsoft Windows

Windows10 キーボード操作だけで音量のミュートのON/OFFを切り替える方法

投稿日:

Windows10ボリューム音声がON/OFF出来ない場合に、キーボード操作のみでミュートを解除する方法

最近、Windows10のPCを使っている時に、音声を聞こうとデスクトップ右下(通知領域)のオーディオボタン(正式名「スピーカー/ヘッドフォンボタン」)をONにすると、なぜか全く切り替わらずに無反応状態。

Windows10右下の「スピーカー/ヘッドフォンボタン」

それ以外のボタンは使えますが、なぜか音声ボタンだけがWクリックや右クリックなどを何度も試してもうんともすんとも言いません。

これが毎回なら対策が必要ですが、非常に気まぐれで忘れたころにしか同じ状態が起こらないので、その都度対応することに。

自分でも方法を忘れがちなので、今回は忘備録も兼ねてまとめることにしました。

オーディオボリュームのON/OFFボタンが使えない時に、キーボード操作のみで切り替えする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

オーディオボリュームのON/OFFボタンが使えない時に別方法で切り替えする手順

もう一度書いておきますが、オーディオのON/OFFの切り替えボタンは正式名は「スピーカー/ヘッドフォンボタン」というそうです。

では別方法でミュートになった音声をONにしてみます(OFFにする場合も同じ手順です)。

Windows10[スタート]→[設定]ボタン

左下にある「スタートボタン(Windowsマーク)」→「設定ボタン(歯車)」をクリックします。

 

Windows設定

Windows設定が開くので、その中から「デバイス」をクリック。

 

Windows10「デバイス」

「Bluetoothとその他のデバイス」が開きます。その右側にある「関連する設定」の中から「サウンドの設定」をクリック。

 

Windows10サウンドのプロパティ

「サウンド」が開きます。「再生」「録音」「サウンド」「通信」のタブがありますが、「再生」のままでOK。

この「再生タブ」の中の「スピーカー/ヘッドフォン」をWクリックします。

 

Windows10「スピーカー/ヘッドフォンのプロパティ」

すると別ウインドウで「スピーカー/ヘッドフォンのプロパティ」が開きます。

タブが「全般」「レベル」「拡張」「詳細」「立体音響」の5つありますが、その中の「レベル」タブをクリック。

 

Windows10「スピーカー/ヘッドフォンのプロパティ」の「レベル」タブ

レベルタブを開くと、上はスピーカー、下はマイクのボリュームが表示されています。上の図で見るとどちらも音声にミュート(無音)がかかっています。

このミュートされているボタンをクリックしましょう(上の図参照)。

 

Windows10「スピーカー/ヘッドフォンのプロパティ」の「レベル」タブ、ボリューム音量の上げ下げ

するとミュートにが消え音が出るようになりました(上の図参照)。後は左にあるボリュームの上げ下げを調整するとOKです。

逆に音声をミュートにする時は同じボタンをもう一度押すと「ミュート」となります。

 

スポンサーリンク

もし「スピーカー/ヘッドフォン」を右クリックできれば設定は簡単

Windows10右下の「スピーカー/ヘッドフォンボタン」

もしデスクトップ右下(通知領域)の「オーディオボタン(正式名「スピーカー/ヘッドフォンボタン」)」を右クリックできれば設定は簡単です。

 

Windows10「スピーカー/ヘッドフォン」を右クリック「音量ミキサーを開く」

右クリックできれば「音量ミキサーを開く」をクリック。

 

Windows10「音量ミキサー」

すると「音量ミキサー」が開くので、音量のミュートボタンをONにすると、音が出せるようになります。

 

最後に

なぜだかわかりませんが、Wクリックや右クリックが出来ない時のために、「スピーカー/ヘッドフォン」をONにし音を出す方法をご紹介しました。

今後も多発する場合は、音量ミキサーをすぐに起動できるようにショートカットをデスクトップに作成するのも手ですね。

もしかしたら僕だけかもしれませんが、同様に悩まれている方がいれば参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連記事と広告

-Microsoft Windows

Copyright© IT便利帳 , 2018 All Rights Reserved.