IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

WordPress

WordPressにテーマをインストールする手順。一例にCocoonを使用

投稿日:

WordPress親テーマと子テーマがインストールされた

独自ドメインを取得してWordPressでブログを始めるための流れをご紹介します。

関連独自ドメインを取得してWordPressでブログを始める手順6つ

今回は一例として無料テーマ「Cocoon(コクーン)」を使用して、WordPressにテーマをインストールする方法をまとめてみました。

テーマをインストールする前に確認すること使わないテーマを削除する方法もあわせて紹介します。

 

スポンサーリンク

テーマをインストールする前に確認すること

WordPressにテーマをインストールする前に確認することを紹介します。

最近の傾向では、最初からサーバーに独自ドメインをインストールした時に「SSL化」されていると思います。

例えば僕が使っているエックスサーバーだと、何も知らなくても「http://〜」ではなく「https://〜」になりました。

今回はこれに関係することです。

WordPressの「一般設定」画面

WordPressのメニューから「設定」→「一般」に進みましょう。

「一般設定」画面に以下の2つがあります。

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

この2箇所が「http://〜」になっていたら、「https://〜」に変更してください。

小文字の「s」を追加して、下の「変更を保存」を押しましょう。すると最初のログイン画面に移るので、再度ログインすればOKです。

最初から「https://〜」になっていれば特に変更する必要はありません。

この変更をしないと、後々面倒なことになります。必ず「https://〜」にしてから、WordPress作業を開始してください。

 

スポンサーリンク

先に使用するテーマをダウンロードしておく。一例に無料テーマ「Cocoon(コクーン)」を使用

今からWordPress(ワードプレス)にテーマをインストールしますが、使いたいテーマを先にダウンロードしておきましょう。

今回は個人的に最も使いやすい無料テーマ「Cocoon(コクーン)」を例にダウンロードしていきます。

無料テーマ「Cocoon(コクーン)」のwebサイトにアクセスします(下のリンク先から行けます)。

トップページに「ダウンロード」ボタンがあるので、それをクリック。

ここの「親テーマ」と「子テーマ」をダウンロードしてください。

  • 親テーマ:「”Cocoonテーマ”をダウンロード」ボタンを押す
  • 子テーマ:「”Cocoon子テーマ”をダウンロード」ボタンを押す

どちらも自分のパソコンのダウンロード先にダウンロードできたと思います。拡張子は「.ZIP」になります。

2つともダウンロードできたらOK。次に進みましょう。

 

WordPressにテーマをインストールする手順

WordPress「設定」→「テーマ」

WordPressをログインして、メニューの「外観」→「テーマ」をクリックしましょう。

 

WordPress「テーマ」変更画面

すると「テーマ」の画面が出てきます。

ここにはWordPressが開発しているテーマがデフォルトでインストールされています。

「Twenty Nineteen」や「Twenty Twenty」のように「Twenty+数字」で始まっているのがそれです。

この「テーマ」に自分で使いたいテーマをインストールします。

上に「新規追加」があるので、それをクリック。

 

WordPress「テーマのアップロード」

テーマを追加がでたら、その横の「テーマのアップロード」を押します。

 

WP-Cocoonのzipファイル

テーマのアップロードを押したら、インストールするテーマ先を聞いてくるので、先程ダウンロードしたzipファイルを指定して下さい。

まず最初に親テーマからインストールします

Cocoonの場合、ダウンロード先から親テーマ「cocoon-child-master-〜.zip」という名前をクリック。

 

WordPressにテーマをアップロードする

ファイルを選択したら、「今すぐインストール」を押しましょう。

 

WordPress親テーマアップロード後、「テーマページに戻る」ボタン

親テーマの後は子テーマをインストールするので、一度「テーマのページに戻る」を押して下さい。

重要親テーマは有効化しないようにしましょう

 

WP-Cocoonの子テーマzipファイル

次に子テーマのzipファイルを選んでインストールして下さい。

 

WordPressの子テーマを有効化

子テーマがインストールされたら、「有効化」を押しましょう。

重要子テーマの方を有効化します。

 

WordPress親テーマと子テーマがインストールされた

「外観」→「テーマ」に戻ると、Cocoonの親テーマと子テーマがインストールされているが確認できます。

  • 子テーマ「Cocoon Child」:有効化になっている
  • 親テーマ「Cocoon」:インストールされている

以上のように親テーマがインストールされていて、子テーマが有効化されていることを確認して下さい

これでテーマのインストールは終了です。

 

子テーマを使う理由

なぜ子テーマを有効化するのかと言うと、脆弱や更新ファイルがあると、最新の親テーマをアップロードすることになります。

もし親テーマをカスタマイズしていると、アップロード後に上書きされ初期化されてしまうからです。

この時、「子テーマ」をインストールしていると、カスタマイズは子テーマ側でされているので、新しい親テーマをアップロードしても、カスタマイズされたままで使えるというわけです。

イメージしづらいという方は、Photoshopなどのレイヤー画面だと思って下さい。

子テーマは前の画面、親テーマは後ろの画面で、後ろ側の親テーマだけが新しくなり、カスタマイズしている子テーマ側はそのまま使えるというわけです。

 

使わないWordPressテーマを削除する

自分の使いたいテーマがインストールされたら、使わないWordPressテーマを削除します。

一例で最初にインストールされているWordPress標準テーマ「Twenty Nineteen」や「Twenty Twenty」などの「Twenty+数字」を削除してみます。

WordPress「テーマ」画面

「設定」→「テーマ」に行き、削除したいテーマをクリックしましょう。まずはWordPress標準テーマ「Twenty Nineteen」を削除してみます。

 

使わないWordPress標準テーマを削除

クリックしたら削除したいテーマであることを確認して、右下の「削除」をクリックすればテーマ上から削除されます。

他にも削除したいテーマがあれば、同様の手順で削除して下さい。

 

使いたいWordPressテーマだけが残った

使いたい親テーマと子テーマだけが残りば終了です。

 

関連:「独自ドメインを取得してWordPressでブログを始める手順6つ」に戻る

IT便利帳のSNSをフォローする

-WordPress

Copyright© IT便利帳 , 2020 All Rights Reserved.