ブログ運営

エックスサーバー「新サーバー簡単移行」方法と移行後の問題点

投稿日:

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。トップページ

エックスサーバー(XSERVER)を昔から利用している方に、処理速度の速い新しいサーバーに順に変更できるようになりました。

新サーバー簡単移行」という名前で、これまでメールの連絡が来て気になっていながらも、自分の中でサーバー移行は難しいと思いこんでいたいので後回しにしてきました。

しかし、実際に新サーバーに移行してみると、名前の通り本当に簡単でしたよ。

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行の方法と、設定後にわかった問題点について紹介します。

 

スポンサーリンク

「データコピーの申請」手順

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。トップページ

新サーバー簡単移行は大きく2つの流れになります。まずはデータコピーの申請からスタート。

まず最初にエックスサーバー(XSERVER)にログインします。先日ホームページが新画面になり、よりシンプルになりました。

左にあるメニューから「新サーバー簡単移行」をクリックして下さい。

 

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。サーバーIDを選択

「新サーバー簡単移行」の画面が出たら、移行するサーバーIDを選択して下さい。

上の画面だと、上2つが変更できるサーバーIDです。

下の2つは最新なので変更する必要がありません。「サーバーが最新のため利用できません」と出ています。

今回新サーバーにするのは上の2つ青色の「選択する」をクリックしましょう。

※複数ある場合は1つずつしましょう。

 

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。データコピー申請

下の移行可能のところに、新サーバー先も表示されています。これまで4桁のサーバーIDでしたが、5桁になっていました。

それを確認して「データコピーを申請」をクリックして下さい。

 

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。旧バージョンのMySQLデータベースが存在しているメッセージ

すると「旧バージョンのMySQLデータベースが存在しています」というメッセージが出ています。

かなり初期から始めているサイト・ブログの場合は、旧バージョンを使用しているので、そのようなメッセージが出ています。

MariaDB(旧MySQL5.5)のデータベースが存在しています。最新サーバー環境へ移行する場合、これらのデータベースは自動的にMySQL5.7に移行されます

参考:エックスサーバー「データコピー申請」より

ただこれも自動的に変更してくれるので安心しました。

下の「データコピー申請」ボタンを押して下さい。

 

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。データコピー申請完了

「データコピー申請完了」のメッセージが出たらOK。

 

 

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。データコピー中の画面

サーバーを見てみると、この時間帯は「データコピー中:移行状況確認」と出ています。

 

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。データコピー開始の案内メール

ここからはデータコピーを始めます。データコピー開始の案内メールが届いていると思います。

このメールによると、データコピーに数時間から最大24時間程度かかると書かれていました。

僕の場合は、それほど時間がかからず、1〜2時間でした。

これはサイト・ブログの規模や記事数により時間の違いがあるようです。例えば3000記事以上書いていたら、結構かかるようです。

 

スポンサーリンク

「新サーバー簡単移行」の実行

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。移行先サーバーの切り替えが未完了のサーバーアカウント

データコピーが完了すると「移行先サーバーの切り替えが未完了のサーバーアカウントがあります」というメッセージが出ています。

これが出ていたら、コピーが完了したということで、「実行画面へ」をクリックして下さい。

 

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。データコピー完了。サーバーの切り替え

 

データコピー完了と出ているので、「サーバーの切り替え」ボタンを押して下さい。

 

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。移行先サーバーのアクセス、DNSレコードの更新について

「移行先サーバーのアクセスについて」によると、移行元サーバーには14日間だけアクセスすることができます

「DNSレコードの更新について」は「DNSレコードを移行先に更新します」とあります。

メールを使われている方は特に注意して下さい。

 

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。サーバープログラム・データベース

下にスクロールすると「サーバープログラム・データベースについて」書かれています。

※これについては下の問題点「常に更新しているブログが数記事消えてしまう場合の解決法」でも書いています。

以上を踏まえて「サーバー切り替えをする」をクリックして下さい。

 

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。サーバー切り替え完了の画面

サーバー切り替え完了が出たら手続きは終了です。お疲れ様でした。

 

新サーバー簡単移行を終えてわかったことや問題点の解決

「新サーバー簡単移行」を終えてわかったことや注意点をまとめています。

常に更新しているブログが数記事消えてしまう場合の解決法

[エックスサーバー(XSERVER)]新サーバー簡単移行。サーバープログラム・データベース

「サーバープログラム・データベース」で書かれていたことが実際に僕のブログでも起こりました。

データの更新・書き込みを随時行っているサイトやブログでは、移行元に保存され、移行先には反映されないと書かれています。

常にブログ・サイトを更新している方は、数記事消えている可能性があります(僕は消えていました)。

その場合は最初の画面「新サーバー簡単移行」から「移行したサーバー」をクリックすると「移行完了」と出ます。

「移行元・移行先への操作」から移行元サーバーの「ファイルマネージャ」「phpMyAdmin」を利用して移行先に更新する必要があります。

 

サイトにアクセスすると無効なURLとなり何も表示されない場合の解決法

「新サーバー簡単移行」が終了したので、そのサイトにアクセスすると「無効なURL」と出て、何も表示されないという問題がありました。

これが出た時は、かなり焦りましたが、実はこれは自分のブラウザだけの問題です。

いつも使っているブラウザ、例えばSafariやGoogle Chromeを再読み込みすれば、キャッシュがリセットされ、表示されましたよ。ホッ!

Macの場合は「Command」+「R」を押せばOK。Windowsだと「F5」を押せば表示されると思います。

 

最後に

エックスサーバー(XSERVER)の「新サーバー簡単移行」の設定方法と、設定後にわかった注意点について紹介しました。

長々と書いてきましたが、注意点がいくつかあるだけで、新サーバーへの移行についてはボタンを少し押すだけで本当に簡単でした。

更新が多いサイトについては、後からでもサーバー元から取り出せますが、先にバックアップを取っていおくのが良いかもしれません。

関連独自ドメインを取得してWordPressでブログを始める手順6つ

IT便利帳のSNSをフォローする

-ブログ運営
-

© 2020 IT便利帳