IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

動画配信サービス

IT企業必見!爆笑ドラマ「シリコンバレー」のあらすじと見た感想

投稿日:

Amazonプライムビデオ「シリコンバレー」

何ヶ月か前に知人と動画配信サービスの話になり、「最近見ている面白い番組を教えて?」という話になりました。

そこで聞いたのは「Hulu(フールー)」で配信されている「シリコンバレー」というドラマがかなり面白いというのです。

「パソコンやアプリ、システム、ITなどが好きな人にはおすすめだからぜひ見て」と言われましたが、その時はhuluを解約したところだったので見られませんでした。

それから月日が経ち、いつものようにAmazonプライムに新作はないか探していると、なんとあのオススメされていた「シリコンバレー」がプライムで入っているではありませんか!

これまでHulu独占だったのが、どうやらそれが外れてAmazonプライムでも見られるようになったのです。

早速見てみると、これがめっちゃ面白い!ソフトやアプリの開発する世界というのはこういうものなのかということを知ることができました。

PCやアプリなどが好きな方に必見な海外ドラマ「シリコンバレー」の簡単なあらすじと見た感想を紹介します。

スポンサーリンク

「シリコンバレー」あらすじ

Amazonプライムビデオ「シリコンバレー」

シリコンバレーとは、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ南部の通称として使われているエリアです。あくまでも通称。

「シリコンバレー」という海外ドラマは、その名の通りシリコンバレーに住むIT企業やソフト開発、インターネット関連企業たちを指します。

例えば有名な企業だとアドビ、アップル、インテル、Facebook、オラクル、シマンテック、Yahoo!、HP、Googleなど。これらの企業がシリコンバレーに本拠地を置いています

そのエリアで繰り広げられるIT企業だちの独特の世界をドラマ化したものになります。

と言ったら真面目な話だろうと思われるかもしれませんが、むしろ逆でかなり下品なところもあるので要注意。それを差し引いてもとても面白い作品なのです。

このシリコンバレーに出てくるキャストを紹介します。

パイドパイパーのメンバー

  • リチャード:主人公、超圧縮アルゴリズムの開発、パイドパイパーという会社を立ち上げる、あがり症
  • ビッグヘッド:リチャードの友達だがそれほど詳しくないので会社に入れてもらえない。なぜか大手フーリーに所属することに
  • エリック:リチャードたちに部屋件オフィスを提供。会社の株10%所有者、豪快な性格
  • ジャレッド:元フーリーで経理や事務などの管理を担当。一見まともに見えるが変わっているところが多い
  • ギルフォイル:システムエンジニア、カナダ移民、デニッシュとのやりとりがどんどんエスカレートする
  • デニッシュ:Javaでコードを書くコーダー。パキスタン人。ギルフォイルとのやりとりが多い
  • ヤン:中国人。エリックの家にすんでいる。英語を理解していない。後にアプリを開発する

この中でビッグヘッドだけが初期パイドパイパーから外されて無職になりますが、大手フーリー社のギャビンが引き抜きます。特に彼は何もしないし、できないんですけどね(苦笑)。

パイドパイパーと言えば基本リチャード、エリック、ジャレッド、フィルフォイル、デニッシュの5人を指します(上の太字の5人)。

途中で会社が大きくなり人手が増えることもありますが、結局5人に戻るという繰り返しが続いています。

 

ライバル社?

  • ギャビン・ベルソン:フーリーCEO、大手IT企業で何度もパイドパイパーを買収しようとする
  • ピーター・グレゴリー:パイドパイパーに投資したIT企業「Raviga」代表。独特の世界を持っている
  • モニカ:ピーターの会社「Raviga」で働く。投資したことによりパイドパイパー担当。

ギャビンは超大手なのですが、何度もパイドパイパーと関わりがあります。ほとんどがパイドパイパーとフーリーとのやりとりの話が多いですね。

パイドパイパーに出資したピーターは、モニカにパイドパイパーを担当させます。

ピーターは残念ながらシーズン1で亡くなってしまいます。ドラマだけかと思っていたら、本当にこの役者さんが亡くなってしまったようです。

 

ここからは「シリコンバレー」を見た感想になります。できるだけネタバレなく書きますが、たとえ書いたとしても想像以上のストーリーですよ(笑)

主人公リチャードがアプリを開発するのですが、そのアプリのことよりもそこで使われていた圧縮技術が、これまでにないぐらいに高速処理で写真や動画を圧縮できることがわかり、フーリーがその技術を欲しがります。

何とかして手にしたいフーリーのCEOギャビンは買収しようとしますが、ピーターに投資してもらい「パイドパイパー」は独立して会社をスタートします。

ギャビンはその技術を手に入れたいという考えで、パイドパイパーに嫌がらせをするというのが基本ストーリーです。この嫌がらせはもちろん買収を含んだ話も何回か出てきますよ。

以上を踏まえて「シリコンバレー」を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

「シリコンバレー」見た感想

リチャードは人前では緊張してしまう性格にも関わらず「個人」ではなく「企業」を選択します(5人だけですが)。この5人のキャラクターが全員変わっています。個性と個性のぶつかり合いという感じ。

パイドパイパーのロゴをのデザインをどうするのか、アイテムはどうするのかと言った本当の企業にもありうることも面白可笑しくでてきます。

個人的に面白いのはビッグヘッド。彼はリチャードとずっと仲が良かったのですが、特にIT関係で得意なことがないためメンバーから外れます。

しかし、彼はいつでもマイペース。いつの間にか大手IT企業フーリーに入社したり、開発責任者になったり、その後大学に入ろうとしたら特別教授になり授業をさせられたりと周りが彼を勝手に使っていきます。

途中で超お金持ちになったりもありますが、それでもビッグヘッドはそれでもマイペース。特に何かをしたわけではなく、いつものように大きなジュースを飲んだりしているだけ、というのが面白いですよ。

ギルフォイルは常に冷静ですが、パキスタン人のデニッシュとのやり取りだけは別。2人のやり取りはシーズンが進むごとにより面白さが増えていきます。

ジャレッドはパイドパイパーの中で経理や事務系などを担当。彼がいないと仕事が動かないということがわかるという話もシーズン4で出てきます。周りのメンバーは自分のことばかりですからね(苦笑)。

 

現在僕はシーズン4まで見終わりました。1話が30分なのであっという間に見終わり、次々と見ているうちにシーズン4まで見終わってしまいました。

それだけテンポの良い作品になっています。

昔WOWOWで見た「ハイっ、こちらIT課」というギャグ満載のIT担当のコメディドラマがありました。

それ以降このようなコメディ番組が見たいと思い続けて早何年。今回「シリコンバレー」で実現したという感じです。

結果的にうまいこといったり、折角会社が大きくなるチャンスを逃したりの繰り返しですが、笑えるITドラマだと思います。

 

最後に

シーズン4まで見終わったので、早くシーズン5が見たいと思わせるドラマです。

フーリーの大企業の会議に対し、パイドパイパー5人による会議、このギャップも面白いですよ。

しかし、リチャードはあれだけすごい技術を見つけたりしますが(その後も色々アイデアを発見する)、なぜか大企業にならないんですね。失敗ばかりで常にお金に困っているという話です。

企業買収の話は何度もありながらも、結局パイドパイパー5人の世界が好きなのでしょうね。

このドラマを見て、実際のシリコンバレーに行ってみたくなりました。

「シリコンバレー」はAmazonプライムで見られます。このドラマを見る為だけでもAmazonプラムに入会するのもありです。

Amazonプライムについて詳しくは下の記事にまとめているので、興味がある方はあわせて読んでみてください▼

関連Amazonプライムビデオの評判、AppleTVや画質について

関連Amazon「fireTV Stick」を購入!開封からテレビ接続、使い方まで

関連Amazonプライムビデオの動画をダウンロードして、オフラインで見る方法

スポンサーリンク

関連記事と広告

-動画配信サービス
-, ,

Copyright© IT便利帳 , 2018 All Rights Reserved.