IT便利帳

コンピュータやタブレット端末の便利な使い方やこれは知らなかったといったことを紹介します。

「リンククラブ(Link Club)」の解約(退会)方法。ドメイン移管の手続き

      2016/06/21  あとで読む   はてブする

リンククラブの管理画面

「リンククラブ(Link Club)」というドメインとサーバーの両方を管理する会社があります。この会社はドメインとサーバーの知識が無くても、簡単に所有することができます。初心者には手軽にドメインを維持できるので助かっていました。

しかし詳しくなってくると、他のドメイン会社に移管したくなります。僕はサーバーも他社で所有しているのでトータルコストがかかってしまいます。

以上の理由から、リンククラブを解約(退会)し、ムームードメインにドメインを移管する手続きをしました。ドメインの移管方法を知らなかったので、結構手こずりながらも何とか成功。その方法を忘れない内にまとめました。

今回は第一弾、リンククラブを解約する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

「リンククラブ(Link Club)」の解約(退会)方法

リンククラブ(LPP)管理画面

リンククラブには複数のプランがあります。LPPは個人プランで、LHSは法人プランです。

年単位にすると結構な金額になるので退会することにやっと決めました。因みに僕はLPPプランに入っていました。

では、退会(解約)手続きに移ります。

上のリンク先から各プランに行きます。右上に「ご利用中のお客様」とあるのでそこをクリック。

 

リンククラブ(LPP)管理画面

LPPサービスメニューが表示されます。その中から「LPPユーザ管理室」をクリックし、IDとパスワードを入力しログインしましょう。

 

リンククラブの管理画面

LPPユーザ管理室が表示されます。ここの「管理メニュー」をクリック。

 

リンククラブの管理メニュー

「管理メニュー」の一番下に「解約・移行申込」とあるのでそこをクリックします。

 

リンククラブ退会手続き・解約後の手続き

ドメインを維持しない方は[解約後の手続き]の中の「ドメイン廃止」を、他社へドメインを移管される場合は「他社サービスへ移行」にチェックを入れましょう。

サービス名は次にどこのドメイン会社に移管するのかです。僕は「ムームードメイン」にしました。

メールアドレスを入力、このメルアドはリンククラブ以外にしましょう。そして、解約理由があれば記入しましょう。因みに僕の解約理由は、「自分で所有するサーバーに移管したいから」と書きました。

最後に「確認画面へ」をクリック。

 

リンククラブ退会手続きの確認画面

「解約申込み」の確認画面が出てきます。名前・ドメイン名・サービス開始日・解約後の手続き・メールアドレス・解約の理由が正しいか確認します。

特に解約後の手続きは重要なので再チェックして下さい。僕の場合「他社サービスへ移行(ムームードメイン)」となっています。

これでよければ「送信」をクリックしてください。

 

「新WHOIS情報」記入の注意点

リンククラブ解約申込み、WHOIS情報の記入

次に「WHOIS情報」を記入します。WHOIS情報とはドメインを所有している人の名義のことです。

WHOIS情報は、個人情報が漏れないように(インターネット上に公開されるので)代理人登録をするのが普通ですが、指定したメール先に「移管承認メール」が送られてくるので、それを自分のメールアドレスにする必要があります。

他社に乗り換えの方(com/net/org/info/biz所有者)は必ず記入してください」と書かれているので記入しました。個人的にはメールアドレスだけ変更したい所ですが…。

  • Organisation Name(氏名など)
  • Admin Name(氏名)
  • Address(住所)
  • Postal code(郵便番号)
  • Admin Email(連絡の付くメールアドレス)
  • tel(電話番号)

個人の場合は「Organisation Name」も「Admin Name」も同じ名前にしました。重要なのは全てローマ字で入力する必要があることです。

例えば、住所は「tokyo-to」という風に入力しました。

リンククラブ退会、ドメイン移管WHOIS情報

新WHOIS情報に日本語(漢字・ひらがな・カタカナ)を使用すると「正しく入力されているかご確認ください」と出ます。

 

リンククラブ解約方法、WHOIS情報

全て入力し終えたら、下の「解約承認」を押しましょう。「解約承認済み」と出ればまずは終了です。

 

スポンサーリンク

最後に

ドメインを自分で維持しながら他社に移管する為に、まずは第一弾「リンククラブ(Link Club)」を解約する方法をご紹介しました。

リンククラブはドメインを失効する日をメールで知らせてくれないので、いつの間にかもう一年更新になっていて、それが何年も継続されていました。そういう理由もあって、ついに重い腰を起こして、他のドメイン会社に移管する作業を行ったということです。

解約手続きをするのはドメインが繰り越される日の2ヵ月前ぐらいにしておきましょう。あまりにギリギリだと手続きが出来ないことがあります。僕も2ヵ月前に上の手続きをしました。

この後、解約手続き後に新WHOIS情報に記入したメールアドレスに、「トランスファー(移管)承認」が送られていきます(英語で書かれている文章)。

それらを使用して、ドメインをムームードメインなどの別のドメイン会社に移管する作業をしていきます。それについては、次回記事にします。お楽しみに。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter でIT便利帳を

 - ブログ運営 ,

スポンサーリンク

注目キーワード

スマモバ

U-NEXT

Kindle Unlimited

  関連記事

Windows7でhostsファイルの書き換えをする方法。サーバ移転
Windows7でhostsファイルの書き換えをする方法。サーバ移転

サーバの移転を行っている時に必要になります。新しいサーバにファイルを転送後、ho …

Twitterの鳥のマーク
Twitterのツイート(つぶやき)をブログに貼り付ける方法

たまにTwitterでのやり取りをブログの記事に載せたい時ってありませんか? 僕 …

XSERVER(エックスサーバー)
ムームードメインをXSERVER(エックスサーバー)に追加する方法

普段レンタルサーバーは、シックスコア(SIXCORE)の共有サーバーを使用してい …

SIXCOREサーバー管理ツール
ムームードメインをSIXCORE(シックスコア)サーバに追加する方法

ムームードメインでドメインを取得し、ネームサーバを他社に変更する方法を順に紹介し …

XSERVER(エックスサーバー)
XSERVERにWordPressをワンクリックインストールする方法

これまでムームードメインでドメインを取得し、ネームサーバーを変更、そしてドメイン …

ムームードメインコントロールパネル画面
「ムームードメイン」のネームサーバをSIXCOREやX-SERVERに設定変更する方法

以前はロリポップサーバでしたが、今はシックスコア(SIXCOREサーバー)やX- …

sixcoreサーバにwordpressをワンクリックインストールする手順
「SIXCOREサーバ]WordPressにワンクリックインストールする方法

  これまでムームードメインでドメインを取得し、ネームサーバーを他社に …

「ウェブチェッカー(WebChecker)」の新規登録画面
RSSに追加登録できないサイトの更新を確認してくれる「WebChecker」が超便利

気になるサイトがあるけど、そのサイトの更新が毎日では無い時どうしてますか?RSS …

docomo-sumafo
ドコモのスマホ「http://search.smt.docomo.ne.jp/」からバズるってあるの?

育児・雑貨ブログも更新しています。先日、Google Analyticsを見てる …

ブログ
独自ドメインを取得してWordPressでブログを始める手順6つ

独自ドメインを取得してWordPressでブログを始めるための流れをご紹介します …