PR ディズニープラス 動画配信サービス

インディジョーンズシリーズを見る順番を時系列と公開順に紹介

ディズニープラスの「インディ・ジョーンズ」シリーズ一覧

久々に映画「インディ・ジョーンズ」の新作が2023年6月30日(金)より映画館で上映されます。

これまでのインディ・ジョーンズ過去作品を見直し予習して、新作映画「インディ・ジョーンズ/運命のダイヤル」に臨みたいところです。

そこで今回は「インディ・ジョーンズ」シリーズを見る順番を①公開順と②時系列順にわけて紹介します。

さらに詳しく

 

スポンサーリンク

インディジョーンズを見る順番:公開順

ディズニープラスの「インディ・ジョーンズ」シリーズ一覧

まずは映画「インディ・ジョーンズ」シリーズを公開順に簡単なストーリーをあわせて紹介します。

  1. レイダース/失われたアーク<聖櫃>:1981年公開
  2. インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説:1984年公開
  3. インディ・ジョーンズ/最後の聖戦:1989年公開
  4. インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国:2008年公開
  5. 「インディ・ジョーンズ/運命のダイヤル」:2023年6月30日(金)より劇場公開

1.レイダース/失われたアーク<聖櫃>:1981年公開

  • 1981年作品
  • 上映時間:1時間56分

ジョージ・ルーカスとフィリップ・カウフマン原案で、スティーブン・スピルバーグ監督の第1作品「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」。

時代は第2次世界大戦前の1936年、プリストン大学の考古学者インディアナ・ジョーンズ教授(ハリソン・フォード)が、世界中の宝を探す物語りです。

タイトルにあるアーク<聖櫃:せいひつ>とは、神聖な力を持つ古代の遺物のこと。

このアークをナチスが利用して世界征服を企んでいました。

インディはヒトラーの手記からアーク<聖櫃>の場所を見つけて、旧友のマーカス・ブロディ教授と一緒にカイロで再開。

そこに現れたのが元恋人のマリオン・レイヴンウッド。彼女の手がかりをもとにアークを探す物語りになっています。

記憶によく残っているのは、洞窟の中から大きなボールが転がってくるところ、それをインディが逃げるシーン。

他の映画でもよく見かけるようになりました。インパクトがあり今でもレイダースといえば思い出します。

 

2.インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説:1984年公開

  • 1984年作品
  • 上映時間:1時間59分

第2作目の映画「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」は、映画「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」と同じく、ジョージ・ルーカスの原案、スティーブン・スピルバーグが監督を務めました。

考古学者インディ・ジョーンズが、邪教集団に誘拐された村の子供と秘宝を取り返す物語りです。

インディはマーカス・ブロディ教授からアザトス王の杖の伝説の話を聞きます。

アザトス王の杖が隠されているという伝説の魔宮は誰もが恐れている危険な場所。危険だけあてたくさんの宝物が隠されていると言われています。

インディは仲間たちと一緒に、ジャングル、廃墟、色々な罠をくぐり抜けアザトス王の杖を手に入れるストーリーです。

今作品は前作の「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」よりも前の話、1935年頃にになります。

詳しくは下の時系列順を参考にして下さい。

 

3.インディ・ジョーンズ/最後の聖戦:1989年公開

  • 1989年作品
  • 上映時間:2時間8分

第3作目の映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」もジョージ・ルーカスの原案、スティーブン・スピルバーグが監督を務めました。

時代は1938年、考古学者のインディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)が父親のヘンリー・ジョーンズ・シニア(ショーン・コネリー)と一緒に、ナチスのドイツ軍と争いながら聖杯を探す物語りです。

インディは昔の恋人であるマーカス・ブロディから助けを求められます。ナチスが聖杯の力を悪用使用としているのを知り、その計画を阻止するために行動します。

この聖杯はキリストが「最後の晩餐」で使ったと言われている聖杯で、不老不死の力があるそうです。

インディはマーカスと協力しながら聖杯を探します。その途中、父親のヘンリーと再会。

父親のヘンリーも偶然聖杯の研究をしており、ナチスから聖杯を守りたいと考えていました。

親子&元恋人と一緒に罠やジャングルを超えて聖杯を探し求めるアドベンチャーです。

 

4.インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国:2008年公開

  • 2008年作品
  • 上映時間:2時間4分

第4作目の映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」もジョージ・ルーカスの原案、スティーブン・スピルバーグが監督を務めました。19年ぶりの作品。

舞台は19年後の1957年冷戦時代、インディ・ジョーンズがクリスタル・スカルを求めてソビエト連邦と争奪戦を繰り広げる物語りです。

この時期の敵はソ連が多いですね。

インディ・ジョーンズはソ連に拉致され、謎のウェアハウスに幽閉されてしまいます。そこでインディは「クリスタル・スカル」という神秘的な遺物の存在を知ります。

脱出したインディは、レイダースで出演していたマリオン・レイヴンウッドと再会。

彼女のサポートを受けながら、クリスタル・スカルの起源や正体を追い求めていくストーリーです。謎の青年マット・ウィリアムズも登場しますよ!

他の作品とは違い、ちょっとSFっぽいんですよね。もちろんたくさんの困難や罠、危険、謎解きなどは今回も健在です。

 

5.インディ・ジョーンズ/運命のダイヤル:2023年6月30日(金)より劇場公開

  • 2023年作品
  • 上映時間:未定

第5作目の新作映画「インディ・ジョーンズ/運命のダイヤル」はジェームズ・マンゴールドとジェズ・バターワースが脚本を担当し、ジェームズ・マンゴールドが監督を努めています。

これまで製作総指揮を努めていたジョージ・ルーカスが降板。スティーブン・スピルバーグは監督を降板し、プロデューサーを努めています。

舞台は1969年、アメリカとソ連の宇宙開発競争の時代。今作品が最終回。インディ・ジョーンズは最後の冒険になります。

因縁の宿敵、元ナチスの科学者フォラーと、歴史を変える「運命のダイヤル」の争奪戦を繰り広げます。

これまで以上に陸海空によるアクションシーンが多いのが特徴。

「インディ・ジョーンズ/運命のダイヤル」以外の作品は動画配信サービス「ディズニープラス」で見られます。毎日順番に作品を見ていきましょう。

月額料金プランはこちら↓

年間プランはこちら↓

 

 

スポンサーリンク

インディジョーンズを見る順番:時系列順

ディズニープラスの「インディ・ジョーンズ」シリーズ一覧

次に映画「インディ・ジョーンズ」シリーズを時系列順に紹介します。

  1. インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説:時代設定1935年
  2. レイダース/失われたアーク<聖櫃>:時代設定1936年
  3. インディ・ジョーンズ/最後の聖戦:時代設定1938年
  4. インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国:時代設定1957年(冷戦時代)
  5. 「インディ・ジョーンズ/運命のダイヤル」:時代設定1969年

1.インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説:時代設定1935年

  • 1984年作品(第2作)
  • 上映時間:1時間59分

2番目に公開された「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」が1935年の時代設定。

公開順とは逆になります。

 

2.レイダース/失われたアーク<聖櫃>:時代設定1936年

  • 1981年作品(第1作)
  • 上映時間:1時間56分

1番目に公開された「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」は時系列だと2番目に見る作品です。

「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」の1年後となる1936年が舞台です。

 

3.インディ・ジョーンズ/最後の聖戦:時代設定1938年

  • 1989年作品(第3作)
  • 上映時間:2時間8分

映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」は「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」から2年後1938年が舞台です。

 

4.インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国:時代設定1957年

  • 2008年作品(第4作)
  • 上映時間:2時間4分

映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」は「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」から19年後1957年(冷戦時代)が舞台です。

 

5.インディ・ジョーンズ/運命のダイヤル」:時代設定1969年[2023年6月30日(金)より劇場公開]

  • 2023年作品
  • 上映時間:未定

新作映画「インディ・ジョーンズ/運命のダイヤル」は「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」から12年後1969年が舞台です。

「インディ・ジョーンズ/運命のダイヤル」以外の作品は動画配信サービス「ディズニープラス」で見られます。毎日順番に作品を見ていきましょう。

月額料金プランはこちら↓

年間プランはこちら↓

IT便利帳のSNSをフォローする

-ディズニープラス, 動画配信サービス