Mac

iPhoneの写真をAirDrop経由でHEICからJPGに自動変換しMacに送信するショートカット

投稿日:

「iPhoneショートカット」写真をまとめてJPEGにし、Macに送信するショートカットが完成

以前「Macで画像拡張子HEICを JPGに変換する方法」という記事を書きました。この記事はiPhoneの写真をMacに移動させてから、Macのプレビューで.heicから.jpgに変換する内容です。

この方法でも写真をJPGにすることが可能ですが、毎日ブログを書いているものからすれば結構手間なのです。

もっと簡単に写真をまとめてJPGにしてくれる方法は無いかと調べてみると、iPhoneの新機能「ショートカット」を使えば良いことがわかりました。

そこで今回はiPhoneの写真をAirDrop経由で「.heic」から「.jpg」にまとめて自動変換し、Macに送信してくれるショートカットを考えてみたので紹介します。

 

スポンサーリンク

iPhoneショートカットで、複数の写真をまとめてJPGに変換し、AirDropでMacに送信する設定

まずは以下のショートカットを設定してみます。

  1. iPhoneショートカットを使って、iPhoneの複数の写真をまとめて選択
  2. まとめてjpgに変換
  3. AirDropで送信
  4. ショートカット名をつける

この4つの設定をショートカットで行います。

一見難しそうに感じるかもしれませんが、設定は最初だけなので、下の手順で一度設定すればあとは簡単です

では手順を紹介します。

 

1.iPhoneショートカットを使い、複数の写真をまとめて選択

iPhoneショートカットアイコン

まずはiPhoneにある「ショートカット」アイコンをタップ。

 

「iPhoneショートカット」マイショートカットの設定

マイショートカットを作ります。「ショートカットを作成」をタップ。

 

「iPhoneショートカット」アクションを追加

新規ショートカットの「アクションを追加」をタップ。

 

「iPhoneショートカット」写真を選択を検索

検索欄に「写真」と入力すると、下にアクションが出てきます。この中から「写真を選択」をタップしましょう。

 

「iPhoneショートカット」写真を選択。表示を増やす

写真はまとめて取り込むことが多いので、次に「表示を増やす」をタップして下さい。

 

「iPhoneショートカット」写真を選択→複数を選択

この中の「複数を選択」をONにしてください。

これで写真を複数を選択する設定は完了です。

 

2.写真をまとめてJPGに変換

「iPhoneショートカット」写真を選択→複数を選択

このまま続けます。「写真を選択」の下にある「+」ボタンがあるので、それをタップしましょう。

 

「iPhoneショートカット」JPGを入力。イメージを変換

検索欄に「JPG」と入力すると、下のアクションに「イメージを変換」が出てきます。それをタップして下さい。

 

「iPhoneショートカット」写真をJPEGに変換。表示を増やす

すると「メディア」から「写真をJPEGに変換」が追加されました。

ここの「表示を増やす」をタップして下さい。

 

「iPhoneショートカット」画質とメタデータの保持

ここは画質とメタデータの保持が選択できます。

メタデータを保持したい方、画質を最高画質のままMacに移したい方はレバーを一番右にしましょう

この2つはお好みで設定して下さい。

以上で写真をjpgにするショートカット設定は完了です。設定はあと一息です。

 

3.AirDropで送信

「iPhoneショートカット」写真をJPEGに変換。表示を増やす

「写真」「メディア」が表示されました。最後にもう一つショートカット設定します。

一番したの「+」をタップして下さい。

 

「iPhoneショートカット」AirDropと入力

検索欄に「air」と入力すると、その下に「AirDrop」のアクションが表示されるので、これをタップして下さい。

これでAirDropの追加は完了です。

 

4.ショートカットに名前を付けて保存

「iPhoneショートカット」写真をまとめてJPEGにし、Macに送信するショートカットが完成

これでショートカット設定は完了です。最後に名前を付けて保存します。右上の「次へ」をタップ。

 

「iPhoneショートカット」新規ショートカットの名前をつける

名前を付けましょう。私の場合は「まとめてJPG変換」にしてみましたが、何でもOK。わかりやすい名前にして下さい。

最後は完了を押せばショートカットの完成です。

 

「iPhoneショートカット」設定したショートカットが追加された

マイショートカットに今設定したショートカットが追加されました。

 

 

スポンサーリンク

設定したショートカット機能を使って、iPhoneからMacに写真をまとめてJPGに変換して、AirDrop経由で送信してみる

設定したショートカットを使って、iPhoneからMacに写真をまとめてJPG変換し、AirDropで送信してみます。

iPhoneショートカットアイコン

まずは「ショートカット」をタップ。

 

「iPhoneショートカット」設定したショートカットが追加された

マイショートカットの「まとめてJPG変換」を選びます。名前は先程決めた名前になっています。

 

「iPhoneショートカット」写真を選ぶ(すべての写真)

写真選択画面が出てくるのでMacに送信した写真を選びます。「すべての写真」をタップ。

 

「iPhoneショートカット」iPhoneからMacに送信したい写真を複数選ぶ

写真を選びます。

ちなみにここで写真を複数選択できない方は、上のショートカット設定の「写真を選ぶ」の「表示を増やす」にある「複数を選択」にチェックを入れていないからです。

私はこれができなくて結構時間がかかりましたが、何とか解決しました(苦笑)。

 

「iPhoneショートカット」AirDropボタン

「iPhoneショートカット」下のAirDropアイコンをタップ。

 

「iPhoneショートカット」AirDropのデバイスを選択

デバイス(Mac)を選択。

 

「iPhoneショートカット」全ての写真がJPGに変換されAirDropで送信された

今選択した写真がAirDrop経由でJPEGに自動変換され、送信されました。

 

最後に

「iPhoneショートカット」写真をまとめてJPEGにし、Macに送信するショートカットが完成

最初だけショートカットの登録が面倒ですが、設定さえすれば後は簡単ですね。

ちなみに今回iPhoneの「.heic」の拡張子はどうにかならないかなと思い書きましたが、iPhoneに保存されたスクリーンショットの「.png」でも、このショートカットを使うと「.jpg」に変換されました

他の方も書かれていたのですが、まとめて写真が設定できなかったり、AirDropで送信できなかったりしたので、今回わかりやすくまとめてみました。

今回紹介したiPhoneのショートカットですが、とても便利ですね。他にも応用できるので、ぜひ試してみて下さい。

2度手間ですが、以前紹介した下の方法でもJPGに出来ます▼

関連Macで画像拡張子HEICを JPGに変換する方法

IT便利帳のSNSをフォローする

-Mac
-

© 2020 IT便利帳